【仕事の話】朝の通勤時に電車の中で腹痛がorzピンチ!!

腹痛 仕事

かつて電車通勤をしていた

今はもう違うのですが、私はかつて電車通勤をしていたころがありました。

今となっては懐かしいことですが、同じ時間に毎朝電車に乗り会社まで通勤していたのです。

日本の電車は時間通りに来て、定刻に発車していく。

実に素晴らしい鉄道システムが導入されていますね~。

そんなことをつくづく感じた電車通勤でありました。

そしてこの通勤時間というのも、時折トラブルに遭うこともあるのであります。

毎日が同じように流れていくように思えますが、イレギュラーがある日も。

それが楽しめるようになれば一人前といえるでしょうか(笑)

 

ある日の通勤時電車の中で腹痛に見舞われるorz

季節はいつだったのか忘れてしまいましたが、ある日私はいつものように朝会社へ行こうと電車に乗り込みました。

いつもと同じ通勤の風景。

電車に乗り、会社へ向かう道のり。

電車に乗っている人もだいたい同じような人ばかりで、変わったことはありません。

しばらく電車に揺られていると、なんだかお腹の調子が悪くなってきました・・・。

「なんかキュルキュルするな・・・」

するとだんだんと便意を催してくるように・・・。

「これはやばい・・・」

お腹が痛くなってきて、変な汗も出てきましたorz



しかし、降りる駅はまだまだ先!

お腹が痛くなり、トイレに行きたくなってきたのですが、また通勤の途中。

乗り換えをするのですが、その乗り換えをする駅までまだまだ距離があります。

時間にして20分はあったでしょうかね。

そこで自問自答します。

「20分耐えられるか?」

「どうだろう・・・」

「行けるか?」

「いや・・・無理そうだorz」

もはや通勤の事などみじんも考えておらず、この窮地をいかに脱するかしか考えられなくなっていました(笑)

汗を垂らしながら、周りの人は具合が悪いのか?なんて思ったかもしれませんね。

 

途中下車でトイレに駆け込む!

無理そうだ!と判断した私は、まだ乗り換える駅ではない次の駅で途中下車することを決心!

「これは持たない」と判断したのです。

そして次の駅に着き、一目散でトイレにダッシュ!!

幸い誰も利用していなかったので、すぐに利用して事なきを得たのでした。

この時の安心感といったらなかったですね(笑)

どうにか判断が早かったようで、大事には至らず。

とりあえず急場をしのげたことで、考えが窮地を脱することから、この後どうするか?に切り替わるのでした・・・。



会社へ行くか?帰るか?

トイレの中で一人考えます。

このまま会社へ行くのか?それとも帰るのか?

とりあえず、お腹が落ち着くまでトイレに入っていようということで、しばし考えます。

思ったことは「とりあえず遅刻したな」ということでしたorz

しかしまあこれは仕方ありません、いきなりの腹痛でしたからね。

そして、トイレの中から会社に電話することになりました。

携帯電話がありがたいと感じた瞬間でもあります(笑)

 

とりあえず事情を説明して遅刻する旨伝える

会社に電話をすると、上司が出ました。

私「おはようございます、○○です」

上司「おはよう、朝からどうした?」

私「実は・・・通勤中に腹痛で駅のトイレに駆け込んでまだトイレなんですよ」

上司「大丈夫かよw」

私「いえ・・・大丈夫じゃないのでトイレにいるわけで・・・」

上司「まあそうだよなw無理そうなら無理してこなくていいぞ」

私「とりあえずここまで来たんで行きますが遅刻します・・・orz」

上司「わかった、気を付けておいで」

結局出社した私でした(笑)

しかし、遅刻は免れずに説明し理解していただきました。

朝から飛んだトラブルだったな・・・と思いつつ、その後は無事仕事にも支障が出ずに1日を終わることができたのです。

時にはこんなトラブルもあるものですね(笑)

 

電車の話題色々!

・疲れていると・・・電車で寝てしまい最寄り駅を乗り過ごしてしまう事も・・・

・【やらかした話】電車の中で読書をしていたら・・・爆笑してしまった( ゚Д゚)

・【やらかした話】電車の中で読書をしていたら・・・大号泣してしまった(T_T)

・【やらかした話】電車で帰宅・・・気持ちが良くて寝てしまい降りる駅を寝過ごすorz

・【仕事の話】真冬の電車でも窓全開で走る電車・・・寒いorz

・【やらかした話】土地勘のない所で電車に乗った!見事に反対方向orz

・【仕事の話】毎朝同じ電車で顔なじみの人がいつもの駅で降りなかったorz

・【暮らしの豆知識】電車でよく見かける「JR(ジェイアール)」は何の略?

・電車で使う交通系カード!母親が更新しようとしたら新しいものはもらえずorz



コメント