【仕事の話】見積提出してOKを貰ったが支払い直前で値切ってくる人(-_-;)

書類 仕事
Pocket

仕事にはお金がつきもの

どんな仕事でもそうだと思いますが、仕事をした対価としてお金をもらうと思います。

お金を貰わないものも中にはありますが、基本はお金がついてくるもの。

でないと、会社は利益を上げられませんし、利益が上がらなければ社員に給料が支払えません。

まあ当たり前のことでありますね(笑)

そんなお金のお話。

世の中にはいろんな人がおりまして、こうしたお金のことで文句を言われることもしばしば。

今回はそんな仕事のお金にまつわるお話です。

出来ればすんなり終わってくれるといい仕事ですが、そうしたことでもないようで。

 

仕事の依頼を受けて見積書を提出

ある日。

私のスマートフォンに着信がありまして。

とあるお客さんから、仕事の依頼を受けました。

それほど難しい仕事ではなかったのですが、現地へ行かなければならなかったりと経費(交通費)もそれなりにかかるような仕事。

時間はそれほどかかりそうもありませんでしたが、まずは見積書をということになり見積書を作成しました。

ここまでは日頃よくある光景の一つです。

見積書を提出して、高いの安いの言われて・・・。

金額も分からない状態で仕事を発注する人はそうそういません(-_-;)

終わったら高かったなんてシャレになりませんからね。



金額も合意していざ仕事をした!

見積もりも提出して、いざ仕事をすることに決まりました。

こちらが提出した金額でOKサインが出たんですね。

金額が決まれば早いもので、最短の日程で来てほしいなんてことになりまして。

日程調整をして仕事をしに現地に向かうこととなりました。

これもまたよくあるパターンで、こうして日々仕事をこなしています。

無事現場につき、作業開始!!

 

立ち合いもありつつ作業完了!

現地に到着すると、見積書を提出した元請けさんも来ていました。

元請けさんが見ているところで、実際に作業をする。

じっと見られているというのも、結構緊張するのですが(笑)

そんなこんなもありながら、作業自体は順調に進行。

特に問題が起きることもなく、無事に完了することができました。

完了後は元請けさんのチェックも受けます。

依頼内容が終わっているか?

何か問題はないか?

そんなことをチェックしてもらって、作業終了ということになります。

二人で確認しているので、間違いなく終わった、そんな認識です。



後日請求書を発行して送った

その後も含めて、特に何もクレームの類は入りませんでした。

何も連絡がなかったことで、こちらは何もトラブルはないと判断。

見積書通りの金額で請求書を作成して送付することになりました。

これもまた仕事をしているとよくある光景ですね。

仕事をした後は、こうして請求書の発行も行わなければなりません。

請求書を送付後も、特に連絡が来ることはありませんでした。

 

支払日にいきなり値切り交渉をされる(-_-;)

そして支払日になりまして。

掛け売りしているので、毎月定期払いでまとめて支払いをしてもらっているんですよね。

その日になり、いきなり元請けさんから電話が・・・。

「これちょっと安くしてくれない?」

いきなりなんすか(-_-;)

そんな心境。

最初に見積書を出していることを理由にお断りをします。

もちろんこちら側に何か不手際でもあれば別ですが、それを聞いてもただ安くしてくれの一点張り。

それに応じられるわけもなく、結局支払いをしてもらうことはできました。

結局その後どうなったか・・・。

「あの人の仕事は高めに出せ」という指令が社長よりされるのでした( ゚Д゚)

安くしようと交渉するのはいいと思いますが、タイミングを考えないと逆効果ということもあるんですね。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました