キャプテン翼ROAD TO 2002(集英社/高橋陽一)

キャプテン翼ROAD TO 2002(集英社/高橋陽一)

Pocket

キャプテン翼シリーズ

国民的なサッカー漫画を一つ挙げろ。

そういわれたら何を挙げますか?

その候補の一つとなるのが、キャプテン翼シリーズではないでしょうかね。

連載開始からすでに数十年。

これがまだ続いているというのだからすごいことです。

主人公「大空翼」が小学生のころからの物語が綴られ、それが今やプロサッカー選手として活躍しているストーリーに。

このシリーズを読むことで、サッカー小僧だった小学生が中学生となり、高校生となり、プロサッカー選手になっていく過程を楽しむことができます。

私が小さいころから読んでいた漫画ですが、歴史を感じますね(笑)

 

キャプテン翼ROAD TO 2002

今回はそのシリーズの中からキャプテン翼ROAD TO 2002のお話。

学校を卒業した主人公たち。

それぞれがそれぞれの進路を選択し、社会人となります。

と言っても、普通に会社に就職するわけではなく、それぞれプロサッカー選手としてのスタート。

海外でプロ契約する選手もいれば、日本のJリーグでプロ契約をする選手もいる。

小学生のころから見てきたキャラクター達が、プロになっていく、そんなストーリーを楽しめるのがこのROAD TO 2002となっています。

 



 

2002年と言えば日韓ワールドカップ!

ROAD TO 2002の2002は2002年を指しています。

2002年は日本サッカー界にとって忘れがたい年でもありましてね。

日本と韓国共催となりましたが、ワールドカップを開催したという年です。

フィリップ・トルシエ監督が日本代表を率い、若かりし頃の中田英寿氏、小野伸二氏、稲本潤一氏などスター選手を数多く抱えていた日本代表。

サッカー熱がかつてないほど盛り上がっていた年でもありましたねぇ。

懐かしい。

そんな2002年を見据えた作品となっています。

 

翼、葵、日向、岬らは海外へ

翼世代を中心に描かれる本作。

翼はブラジルサンパウロでプレー、葵はイタリア、日向もイタリアへ。

岬はフランスでプレーすることになります。

後に翼は移籍することになりますが、こうした海外組の挑戦も描かれていきます。

リアルサッカー界でもこの頃海外挑戦する日本人選手が増えた頃でもありました。

そんなことを重ねつつ、読んでいたって方も多いのではないかなと思いますね。

イタリアで成功した中田英寿氏、同じくイタリアに挑戦した中村俊輔氏、名波浩氏、オランダで活躍した小野伸二氏など様々な選手が海外でプレーしました。



クラブの話から日本代表へ

キャプテン翼のキャラクター達個人のストーリーが展開される序盤。

そこから日本代表へと話が繋がっていきます。

このシリーズが執筆されていたのが、2002年ワールドカップ前ということもあり、2002年のワールドカップへ向けたストーリー展開となっているんですよね~。

今となってはもう20年くらい前の話になっちゃうんですけど(笑)

こうしたところでも、歴史を感じてしまいますね。

 

名キャラクター達も健在!

キャプテン翼を彩る名キャラクター達ももちろん登場します。

大空翼、岬太郎、日向小次郎、葵新伍、若林源三、若島津健、石崎了・・・。

日本人だけでなく、ドイツのシュナイダー、カルツ、シェスター、ミューラー、イタリアのヘルナンデス、アルゼンチンのファン・ディアスetc

シリーズお馴染みの選手たちが次々と登場。

これもファンにとっては嬉しい場面で。

小学生や中学生時代からのエピソードもその背景となり、物語に深みを与えています。

 

作者は高橋陽一先生!

キャプテン翼シリーズと言えば、高橋陽一先生が描かれていることでも知られています。

代表作は本作(笑)

スポーツ×青春をテーマに描かれることも多く、他の作品でも何かしらのスポーツと青春をテーマにしている作品が多いです。

ボクシング漫画のCHIBI、野球漫画のエースなど。

キャプテン翼も元々はそんな感じでしたが、シリーズが長く続くことによりキャラクターも成長。

もう青春の域を超え、大人としての世界を描くことになっています。

 

キャプテン翼の話題色々

他にもキャプテン翼の話題を書いています。

キャプテン翼(高橋陽一)

キャプテン翼ワールドユース編(高橋陽一)

キャプテン翼<ワールドユース特別編>最強の敵!オランダユース(高橋陽一/集英社)

キャプテン翼ROAD TO 2002(集英社/高橋陽一)

ボクは岬太郎(高橋陽一)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です