キャプテン翼(高橋陽一)

キャプテン翼(高橋陽一)

Pocket

キャプテン翼

古い漫画の一つとなるのですが、キャプテン翼という漫画をご存じでしょうか?

通称「キャプつば」と呼ばれる漫画です。

一人のサッカー少年の物語となっており、小学生時代に始まった連載が、今ではプロサッカー選手として活躍する姿を描くまでになっています。

社会現象にもなった漫画の一つですね。

アニメ化、ゲーム化、海外での人気など大ヒットとなった漫画で、このキャプテン翼を読んでサッカーを始めたなんていう本物のプロサッカー選手がいるくらいです。

それくらい影響を与えた漫画ですね。

 

主人公は大空翼

主人公となるのは「大空翼」という小学生。

つばさくんと呼ばれ、石崎くんや岬くん、若林くんという盟友たちと出会い、サッカーを通して友情を育んでいくというストーリーです。

転校生だった翼と地元の小学校でサッカーをしていた彼ら。

一サッカー少年だった翼が、全国大会へ出場し、優勝し、中学に上がり、プロになり・・・。

そうした物語の原点がこのキャプテン翼無印。

作品としては、もうかなり昔の作品となりますね。



小学生~中学生の話までを収録

キャプテン翼無印は、翼が小学生~中学生卒業くらいまでを描く作品となっています。

小学校時代は南葛小学校でプレイした翼。

チームメイトには、森崎くん、石崎くん、岬くんなど、後の物語にも大きく影響を与える面々も既に登場しています。

そのライバルチームとして修哲小学校があり、その小学校には若林くん、井沢くん、来生くん、高杉くん、滝くんとこちらも後のストーリーにも大きく関わってくる選手たちが登場。

小学校の全国大会に出場し、そこでもまた個性的な登場人物が出てきます。

日向小次郎、若島津健、三杉淳、松山光、立花兄弟・・・。

小学生時代に、その後のストーリーで核となってくるプレイヤーがすでに多数登場していたんですね。

 

中学生となった翼は、南葛中学へと進みます。

石崎、森崎、滝、来生、高杉、井沢らはチームメイトに。

そして3年の時、最大のライバルの一人東邦学園の日向小次郎と決着をつけるべく、決勝戦へと駒を進めるのであった・・・。

的な感じ(笑)

その後ジュニアの日本代表へと活動の場を移し、ストーリーは国際舞台へと移っていくのです。

 

個性的な必殺技の数々

キャプテン翼と言えば、個性的な必殺技の数々を外すことはできません。

小学生時代はそうでもありませんでしたが「オーバーヘッドキック」をはじめ「ツインシュート」や「スカイラブハリケーン」と言った技は既に登場していました。

その後石崎の「顔面ブロック」、日向の「タイガーショット」「ネオタイガーショット」、早田の「カミソリシュート」、立花兄弟+次藤の「スカイラブツインシュート」、翼の「ドライブシュート」、松山の「イーグルショット(北国シュート)」、新田の「隼シュート」、若島津の「三角飛び」など様々な必殺技が登場。

当時の小学生たちが、こぞって必殺技の真似をするというブームも起こったんだとか。

中には危険な技もあったので、怪我しなかったのか心配になるところです。

こうした多彩な必殺技も、人気の火付け役の一つとなったのかもしれませんね。

 

連載は続く

最初に執筆されていたキャプテン翼は既に終了しています。

その後キャプテン翼〇〇として続きが描かれ続け、現在では「ライジングサン」として連載が続いています。

連載当初は小学生だった翼くんも、現在の連載では大人となりプロサッカー選手となっています。

何かこう時代と歴史を感じる漫画の一つとなっていますね。

 

キャプテン翼シリーズ!

キャプテン翼シリーズは他にも出ています♪

よかったらどうぞ~!

キャプテン翼ワールドユース編(高橋陽一)

キャプテン翼<ワールドユース特別編>最強の敵!オランダユース(高橋陽一/集英社)

キャプテン翼ROAD TO 2002(集英社/高橋陽一)

ボクは岬太郎(高橋陽一)



キャプテン翼(高橋陽一)」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です