日清カップヌードルシーフード(日清)

日清カップヌードルシーフード(日清)

Pocket

日清カップヌードルシーフード

カップ麺というのも便利なものでありまして。

時々お世話になっています。

私が小さいころにはすでにあり、小さいころから慣れ親しんだものの一つでした。

そんなに食べる機会が多かったわけではないんですけどね。

今回は、日清カップヌードルのシーフードを食べてみました!!

この青いパッケージがどこかシーフードを連想させるんでしょうね。

一人暮らしとカップ麺。

どこかわびしさも感じますね・・・。

一人でズルズルと頂いて行こうと思います。

日清カップヌードルシーフードは昔からあるロングセラー商品。

今迄幾度となく食べてきましたけどね。

 

熱湯を用意し3分待つ!!

カップ麺と言えば、熱湯を用意して3分待つ!!

中には3分ではないものもありますが、基本は3分。

この日清カップヌードルシリーズも3分となっており、熱湯を用意しそれを注いで3分待ちます。

これがお湯を入れる前。

かやくなどはすべてぶちまけられており、別包装にはなっておりません。

これもカップヌードルの特徴の一つとなっていますね。

お湯を注ぎ、3分待つ。

この3分の間、良い香りがしてきて早く食べたくなるんですよね(笑)

そんな気持ちを抑えながら、待ちました。



3分経ったら食べましょう!!

お湯を注いでから3分後!

いよいよ完成しました!!

食べていくことにしましょう。

カニカマ、玉子、タコ、ネギ。

様々な具材も入っています。

少しピリっとくる刺激的なスープ。

ああ、日清のシーフードだ・・・。

昔から変わらない、こんな味だった。

どこか懐かしさも感じるカップヌードル。

昔親父と出かけた時、ポットにお湯を詰めて、カップ麺とおにぎりをもって出かけたっけ。

お昼になるとカップ麺を作り、おにぎりと一緒に食べた。

そんな思い出も思い出されます。

 

価格

思い出に浸りながら頂いたカップヌードル。

食べ物にはそれぞれ思い出が詰まっていたりするものです。

このカップヌードルは、スーパーマーケットでお買い物をしたときに購入したもの。

その価格は118円(税別)!

カップ麺は大体100円前後で販売されていることが多いですよね。

日清カップヌードルくらいになると、相当なブランド力があるからなのかちょっと高めの値段設定。

安いものは60円くらいからありますからね。

 

メーカーは日清!

カップヌードルシーフードを製造しているメーカーさんは、日清!

カップ麺と言えば日清。

そんなイメージもあるくらい、有名なメーカーですよね。

小さいころから知っている会社であり、商品。

子供の頃に食べていたものが、今でも食べられる。

これはある意味幸せな事です。

そんなことに感謝しながら、カップ麺を食べ終わりました(笑)

 

日清カップヌードルしょうゆ

日清カップヌードルしょうゆ!(日清)

 

日清カップヌードル味噌

日清カップヌードル味噌を食らう!(日清)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です