【一人暮らしあるある】自炊をしているので・・・食材の価格に敏感になる(;’∀’)

野菜 一人暮らしあるある
Pocket

一人暮らしだと自炊をする必要もある

一人暮らしをしていると、様々なことを自分ひとりでやらなければならないということになります。

そこに誰かの力が加わったとすれば、それはもう一人暮らしということはできなくなってしまいますからね。

そして生活には様々なことがありまして。

その一つとなっているのが「自炊」であります。

日々の暮らしの中で、食事をするというのも生きていくには必要なこと。

外食も美味しくていいのですが、外食ばかりしていればそれはそれでお金がどんどんなくなっていってしまいます。

そこで自炊をしよう!となっていくパターンの方も多いのではないかと思います。

 

自炊をするには材料が必要!

当たり前ですが、自炊をするには材料が必要となってきます。

無の状態からいきなり何かを作り出せるわけでもなく・・・(笑)

料理によりいろんな食材を用意するのもあるある。

メニューによって野菜だったり、魚だったり、肉だったり・・・。

こうした食材集めから始まるのが自炊の基本。

それをどこで調達するのか、それもまた難しいところではあるんですけどね。

農産物直売所、スーパーマーケット、魚屋、肉屋・・・。

いろんなお店がある中から、自分のスタイルに合ったお店を選んでいくことになるでしょう。



スーパーマーケットは一通りそろうお店なので便利

中でも最も利用率が高くなるのがスーパーマーケットかもしれません。

野菜や肉をはじめ、魚、インスタント食品など様々な食料品の販売が行われています。

私も週1回以上はこのスーパーマーケットで買い物をしているくらい、ヘヴィーユーザーであるといえるでしょう。

生活に直結するお店ともなっていて、なくてはならない存在。

そんな存在となっているよって方も多いかもしれませんね。

 

食材の価格設定はお店ごとに違う

こうしたお店の種類や、ジャンルが同じでも店舗が変わると価格設定というのも変わってきまして。

同じ商品が違う価格で販売されているということも結構あります。

スーパーAで100円だったものが、スーパーBでは110円だったな。

また、種類によって価格が逆転現象が起きていることもあります。

スーパーAは魚は安いけど肉が高い、スーパーBは肉が安いけど魚が高い。

もちろん価格だけの話ではありませんが、こうしてそれぞれのお店にはそれぞれの特徴が出てきていましてね。

お店を変えると品揃えが変わることもあって、見ていても面白いものです。



一人暮らしをしているとそうした価格傾向を覚える(笑)

食材の価格というのは、生活に直結する部分です。

少しでも支出を抑えたいというのは、みんな同じでしょう。

故に、どこのお店で何が安い、どこが安いという情報に敏感になりがち。

○○を買うならあそこへ行こう。

そんな経験が私にもあります(笑)

まるで主婦のような思考かもしれませんが、生活に直結する部分ともなっているので大事なことなんですよね~。

一人暮らしをしていると、こんなところにも詳しくなったりするのでした。

 

値上がりにも敏感

最近特に多いのですが、食品が値上がるなんてニュースもあったりします。

そうなるとこれもまた生活に直結してくる部分となるんですよね。

今までのようには購入できなくなるかもしれないなんてことを考えたり、そんなニュースにも敏感に。

まさに生活をしていく上にすぐに問題となる部分となりますので、気になるところなのです。

一人暮らしもこうして色んな事を考えながら、体験しながらしていくものでありまして。

実家暮らしなどでは体験できないことが、たくさん体験できるともいえる生活であります(笑)

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました