Amazonを名乗る「Amazonにご登録いただいたお客様に、」というメールにご注意を!

注意喚起
Pocket

Amazonを名乗る不審なメールが出回っています

今回は、Amazonを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただこうと思います。

件名は「Amazonにご登録いただいたお客様に、」となっていました。

どんなメールだったか、ご覧ください。

 

メール本文

それでは、メール本文です。

転記開始

件名:Amazonにご登録いただいたお客様に、

Amazon お客様 :メールアドレス

Amazonアカウントの情報更新をお願いしております。

 

カード期限切れになっているか、請求書住所が変更されたなどさまざまな理由で更新出来ませんでした。

 

アカウント情報の一部が誤っている恐れがあるため、お客様のアカウントを維持するためAmazonアカウントの情報を確認する必要があります。

 

下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

お客様の Amazon アカウント

アカウント所有権の証明をご自身で行う場合は、Amazon 管理コンソールにログインし、所定の手順でお手続きください。アカウント所有権の証明(リンク)についてのヘルプセンター記事も併せてご参照ください。

アカウントを更新待ちです(リンク)

24時間以内にご確認が無い場合は、誠に申し訳ございませんがアカウントの利用制限をさせて頂きますので、予めご了承ください。

このEメールアドレスは配信専用です。このメッセージに返信しないようお願いいたします。

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスに送られてきた

さて、ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

1点目として、受信したメールアドレスはAmazonに登録していないことが挙げられます。

登録していないメールアドレスに送られてくるのはちょっとおかしいですよね。

どんな言い訳されたとしても、個人情報の流出もの。

本物がやっていたとしたら大問題です。

 

怪しいポイント② おかしな日本語

メールを見ていると、怪しいポイントがまだ浮かび上がってきます。

件名を見てみると「Amazonにご登録いただいたお客様に、」となっています。

なんか途中で終わった感がありますよね(笑)

その先なんだよ!と突っ込みたくなる件名。

 

怪しいポイント③ リンク先URLが公式のものと違う

怪しいポイントの3つ目として、メール本文に貼られているリンクのURLを確認してみましょう。

すると、公式のAmazonのものと違うものとなっていました。

似てはいますが、ちゃんと確認すると文字列がAmazonではないことが分かります。

これは決定的。

サイトのURLは世界に二つと同じものがありません。

そう考えるとこれは偽物ということになります。

 

リンクはクリックしない!

この手のメールは、本文に貼付しているリンク先に誘導し、そこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

なので、リンクをクリック(タップ)しないことが簡単にできる自己防衛となります。

そんなに難しいことではないですよね。

怪しいと思ったメール、身に覚えのないメールのリンクはクリックしない!!

ご注意下さいm(_ _)m

 



コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

タイトルとURLをコピーしました