楽天銀行を名乗る「[meiwaku]【重要なお知らせ】カード情報更新のお知らせ!」にご注意を

注意喚起
Pocket

楽天銀行を名乗る不審なメールが出回っています

今回は楽天銀行を名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「[meiwaku]【重要なお知らせ】カード情報更新のお知らせ!」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:[meiwaku]【重要なお知らせ】カード情報更新のお知らせ!

Rakuten

メールアドレスお客様

【楽天市場】 をご利用いただき、ありがとうございます。クレジットカードの確認で問題が検出されました。

セキュリティのため、クレジットカードの一時性をロックしています。カードの安全性を再度使用するには、いくつかの情報を確認する必要があります。

今回は、この問題が24時闇以内に解決しない場合、不正に使用される可能性があるため、クレジットカードを永久にロックする必要があります。

楽天情報を確認(リンク)

・本メールは、ご登録されたメールアドレス宛に自動的に送信しています

・このEメールアドレスは配信専用です。このメッセージに返信しないようお願いいたします

・セキュリティ確保の観点から、「メールアドレス」欄を変更された場合のみ、変更前のメールアドレスにもこのメールを送信させていただいております

当社の個人情報の取扱いについては個人情報保護方針をご覧ください

パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(01)-50-5830-6860までお電話ください。

未来はもっとよくできる。

それがRakutenに込めた想い。

それは、個人、事業者、社会の想いを一緒になってひとつひとつ現実にしていく私たちの決意。

常識を覆すアイデアを、いち早く実現してみんなの夢を後押しすること。

よりよい未来へ新しい一歩を踏み出すこと。

© Rakuten Mobile, Inc.

転記終了



怪しいポイント① 楽天のサービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私は楽天のサービスを利用していません。

利用していないサービスについてこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

サービスを利用していないということは、利用登録をしたことがないということです。

利用登録をしたことがないということは、メールアドレスの登録をしていないということ。

では今回受信したメールアドレスをどこで入手したんでしょうか?

そんなことを考えてみると気持ち悪く、怪しく感じるポイントもであります。

 

怪しいポイント② 存在しないカードをロックしたという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に注目してみたいと思います。

メール本文では「クレジットカードの一時性をロックしています」と書かれていました。

そもそも日本語がおかしいなと感じるところでもありますが、私はサービスを利用していません。

ということは、カードも存在していないんですよね。

その存在しないカードをロックしたという内容です。

そんなことあり得ませんよね。

カードがないんですから。

怪しいポイントの2点目は、物理的にあり得ない内容ということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違った

怪しいポイントの3つ目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこでメールに貼付されていたリンク先URLと、公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが違っていることがわかりました。

これはもう決定的に怪しいポイントということができるでしょう。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスのメールだった。

2.物理的にあり得ない内容のメールだった

3.リンク先URLが公式サイトのURLが違った

以上3点、どれをとっても怪しい内容となっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました