ETC利用照会サービスを名乗る「ETCサービスが停止されました」にご注意を

ETC利用照会サービスを名乗る「ETCサービスが停止されました」にご注意を

Pocket

ETC利用照会サービスを名乗る不審なメールが出回っています

今回はETC利用照会サービスを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「ETCサービスが停止されました」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:ETCサービスが停止されました

平素よりETCサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

私たちは、あなたのアカウント情報の一部が誤っていることをお知らせしたいと思います。

ETCサービスが停止されました。

引き続きサービスをご利用いただきたい場合は、下記リンクより詳細をご確認ください。

ご変更はこちらから(リンク)

なお、ご不明な点につきましては、お手数ですが、ETC利用照会サービス事務局にお問い合わせください。

■ 注意事項

※なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。
※このメールは送信専用です。このアドレスに送信いただいても返信いたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※本メールは、重要なお知らせとしてメールの配信を希望されていないお客さまにもお送りさせていただいております。

大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

ETC利用照会サービス事務局
All Rights Reserved

転記終了



怪しいポイント① ETC利用照会サービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はETC利用照会サービスを利用していません。

利用していないサービスについて、こうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

サービスを利用していないということは、利用登録をしていないということです。

利用登録をしていないということは、メールアドレスの登録もしていないということ。

ということは、メールアドレスをどこで入手したんでしょうか?

そんなことも怪しく感じてくるポイントになります。

 

怪しいポイント② アカウント情報が誤っているという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メール本文には「アカウント情報が誤っている」と記載されていました。

でもそれはおかしいし、物理的にあり得ません。

なんせ私はアカウントを持っていないのですから。

アカウントを登録したこともないのに、その情報が間違っているなんてことはありません。

これが怪しいポイントの2点目となりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLが違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、メールに貼付されていたリンク先URLと、公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが見事に違っていることが判明!

これはもう決定的と言える怪しいポイントになりますね。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスのメールだった

2.物理的にあり得ない内容のメールだった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれをとっても怪しい内容となっていましたね~。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です