Amazonを名乗る「お客さまのアカウントは停止されました。情報を更新してください」にご注意を

注意喚起
Pocket

Amazonを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmazonを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開したいと思います。

件名は「Amazon お客さまのアカウントは停止されました。情報を更新してください」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください。

 

メール本文

それでは、メール本文です。

転記開始

件名:Amazon お客さまのアカウントは停止されました。情報を更新してください

Amazonお客様

Аmazonアカウントがリモートでログインしていることを検出しました。アカ​​ウントのセキュリティを確保するために、Аmazonアカウントを一時的に停止します。

Аmazonアカウント情報を確認することで、Аmazonアカウントを再度有効にすることができます。情報を確認および更新するには、以下のアカウントにログインしてください。

会員情報の管理ページで確認(リンク)

Аmazon ログイン なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。
アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ: Amazonカスタマーサービス。

Amazon.co.jp  カスタマーサービス

転記終了



怪しいポイント① Amazonに登録していないメールアドレスで受信

ここからは、このメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはAmazonに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにメールが送られてくる、これはおかしいですよね。

Amazonに登録しているメールアドレスに送られてくるべきです。

それを・・・関係のないメールアドレスに送ってくる辺り、怪しいと疑う一因となりました。

 

怪しいポイント② アカウントは停止されていない

メールでは、Amazonのアカウントを停止したとされています。

そうなんだ、と思い、Amazonにアクセス。

すると普通にログインできます。

メールがいうような状況にはなっておらず、普通にログインできますし、閲覧もできます。

停止どころか、制限さえかかっていないような状況。

これはどういうことでしょうかね。

メールの内容と実際の状況に差異がある。

これが怪しいポイントの2点目となりました。



怪しいポイント③ 問い合わせ先の記載がない

3つ目のポイントとして、メール本文に問い合わせ先がないことが挙げられます。

普通こうしたメールの場合、問い合わせ先などが明記されているものです。

実際今どうなっているのか?など聞きたいことはあるでしょうからね。

しかしその記載が一切ありません。

内容が一方的すぎて、なんだか怪しさを醸し出している、それがここにも表れていると思います。

 

怪しいポイント④ リンク先URLが公式のものと違う

怪しいポイント4つ目を見ていきます。

注目するのは、メール本文内に記載されているリンクのリンク先URL。

これを本物のAmazonと比較してみると、URLアドレスが全然違うことがわかりました。

サイトのURLは世界に二つと同じものがありません。

いくら本物を装っても、このアドレスを確認することで本物かどうかが1発でわかっちゃうんですよね。

今回はこれが全然違うアドレスになっていたため、偽物である可能性が極めて高いと言えます。

 

怪しいポイントまとめ

それでは怪しいポイントをまとめていきましょう。

今回の怪しいポイントは4つ。

1.登録しているメールアドレスではないアドレスに送られてきた

2.アカウントを停止したとされているが実際はされていない

3.メール本文に問い合わせ先の記載がない

4.リンク先URLが本物のAmazonと全然違う

以上4つです。

どれをとってもこれが偽物であるとしか言えない内容ですね。

 

メールのリンクはクリック(タップ)しない!

この手のメールは、メール本文のリンク先に誘導して個人情報などを抜き取ることを目的としています。

なので、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができます。

見の覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリックしない!

これを徹底したいものですね。



コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

タイトルとURLをコピーしました