【人間関係】コーヒーが嫌いな自分・・・しかし大体出てくるのはコーヒーという話orz

人間関係
Pocket

コーヒー

世の中にはいろんな飲み物がありますが、その中でもよく消費されているのがコーヒーではないでしょうか。

仕事をしているときに飲む、自宅でゆっくりしているときに飲む、誰かと会っているときに飲む・・・。

いろんな場面で飲むことが多いコーヒー。

現場仕事の休憩中に、コーヒーを飲んでいるなんて方もいますね。

好きなんだろうな~なんて思う瞬間でもあります。

休憩の時に飲み物を用意することもありまして、その時には必ずコーヒーをいくつか入れておく。

それくらい定番と化しています。

しかしそんな定番のコーヒーなのですが・・・誰もが好きというわけでもありません。

 

私はコーヒーが嫌い(苦手)

その人物こそ私です(笑)

コーヒーが好きではありません。

なぜか?と言われると、苦くてどこがおいしいのか理解に苦しむ。

そんなところです。

コーヒーの香りは好きなんですけどね~。

香りは好きでも味は嫌い。

そんな感じです。

時折喫茶店へ行くようなこともありますが、その時も香りは嫌いじゃないので好きで。

ただ飲むのはコーヒーじゃなくてココアとかそうしたものになりがちです(笑)

そうしてコーヒーが嫌いな人ってのも時折いらっしゃいまして、そうした人と出会うとどこか親近感がわいたりもしますね。



お邪魔するとコーヒーが出てくることも多い

仕事でもプライベートでもそうですが、どこかお客さんや友人宅に行くとコーヒーを出してくれるところも多いです。

「いらっしゃーい」なんて言いながら、コーヒーでいい?なんていわれたりして。

本当は良くないんですが、人間関係がまだできていない場合なんかはそれが言えなかったり。

本当は嫌いなのに、嫌いと言い出せずに、出されたものをそのまま飲む!

我慢して(笑)

で、調子に乗って飲んでいると、「コーヒー好きなんだ」という誤解を与え、お代わり用意しましょうなんて言われたりしたらもうね・・・(笑)

 

本当は断りたい

本当は断りたいコーヒー。

相手が友人だったりすれば、コーヒー嫌いなんで!といえるんですけどね。

お構いなくで終わらせてしまうところですが、仕事で会う人なんかではそれが言いづらいパターンも。

聞いてくれる時はまだましで、無言でコーヒーが出てくることも。

嫌いだったなんて話を後ですると、珍しいね、意外だねと言われることも多いです。

確かに社会にでて色んな人を見てみると、コーヒーを飲んでいる人ってのは良く見ます。

会社の人も仕事中はほぼコーヒーを飲んでいる・・・。

そんな中お茶をすすっている私は、ちょっと異端なのかもしれませんね(笑)

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました