「誠実な警告!」という件名のビットコインを要求する怪しいメールにご注意を!

注意喚起
Pocket

「誠実な警告!」という件名の怪しいメールが出回っています

今回は「誠実な警告!」という件名の怪しいメールを受信しましたので、公開させていただきます。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

件名:誠実な警告!

こんにちは、お世話になっております。
貴方のアカウントに最近メールをお送りしましたが、お気づきになられたでしょうか?
そうです。私は貴方のデバイスに完全にアクセスできるのです。

数ヶ月前から拝見しております。
どうすればそんなことが可能なのか疑問に思っておられますか?それは、訪問されたアダルトサイトに付いていたマルウェアに感染されていらっしゃるからです。あまりご存知ないかもしれないので、ご説明いたします。

トロイの木馬ウイルスにより、私は貴方のパソコンや他のデバイスに完全にアクセスが可能です。
これは、貴方のスクリーンに搭載されたカメラやマイクをオンにするだけで、貴方が気づくことなく、私が好きな時に貴方を見ることが可能となることを意味します。その上、貴方の連絡先や全ての会話へのアクセスも行なっておりました。

「自分のパソコンにはウイルス対策ソフトを入れているのに、なぜそれが可能なのか?なぜ何の通知も今まで受信しなかったのか?」とお考えかもしれませんね。その答えは単純です。
私のマルウェアはドライバーを使用し4時間毎に署名を更新するため、ウイルス対策ソフトでは検出不可能なので通知が送られないのです。

左側のスクリーンで貴方がマスタベーションを行い、右側のスクリーンでは貴方が自分を弄っている間に閲覧していた動画が再生されるビデオを私は所有しています。
これからどんな悪いことが起きるのか心配ですか?私がマウスを1度クリックするだけで、この動画は貴方のソーシャルネットワークやメールの連絡先全てへと送信されます。
また、ご利用のメールの返信やメッセンジャーにもアクセスして動画を共有することだって可能です。

朗報は、まだ抑止することができることです。
ただ 19万円 相当のビットコインを私のBTCウォレットに送金いただくだけで止められます(方法がわからない方は、オンライン検索すれば、段階ごとに方法を説明した記事が沢山見つけられるはずです)。

私のbitcoinアドレス(BTCウォレット) は下記の通りです。: 321NAv1Hd77ot9GSPrZtavhvGzi4D5ux9D

お支払いの確認が取れ次第動画をすぐに削除し、もう2度と私から連絡を取ることはありません。
この取引が完了するまでに2日(48時間)の猶予がございます。
このメールが開封されると同時に私は通知を受信し、タイマーが始動します。

送金できない場合はメールにてお問い合わせください。

このメールと私のBitcoinIDは追跡不可能なため、苦情を申し立てようとしても何も起こりません。
非常に長い間この件に取り組んできたため、 どんな隙も与えませんよ。

このメッセージについて誰かに話したことを私が感知すると、先ほども申し上げた通り、ビデオはすぐに共有されます。

転記終了

 



怪しいポイント① 完全にアクセスが可能と言いながらその証拠がない

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず最初の怪しいポイントは、メール本文から。

「トロイの木馬ウイルスにより、私は貴方のパソコンや他のデバイスに完全にアクセスが可能です。」

と本文に書かれていました。

今回受信したメールのデバイスを完全にアクセスできるといっています。

言っている・・・だけです(笑)

実際にアクセスしたかどうかを確認できるものが一切ないんですよね。

これ逆に私がやる方であったならば「〇月〇月〇時〇分に△△というファイルを生成しているのでそれが証拠です」くらいなことをしますけどね。

そうした証拠を一切提示せず、ただ単にアクセスしたと言い張っているにすぎません。

証拠がないのに信じろといわれても、一度もあったこともない人の言葉を簡単に信じることはできません。

まあまずこれ犯罪ですからね、実際にやっていたらね。

 

怪しいポイント② アクセスしたことがないアダルトサイトで感染したという内容

怪しいポイントの2点目として、これもまたメール本文を見てみます。

メール本文の記述はこうでした。

「訪問されたアダルトサイトに付いていたマルウェアに感染されていらっしゃるからです。」

アダルトサイトに行ったから、マルウェアに感染したんですよという説明。

しかし、これはいけませんね・・・なぜならこの端末でアダルトサイトにアクセスしたことはないからです。

アクセスしたこともないサイトで感染したといわれても、それは無理があります。

アクセスしていないんですからね。

「あまりご存知ないかもしれないので、ご説明いたします。」

なんて一文がありますが、それはこちらのセリフ(笑)

ご存じないかもしれないのでご説明しましょう、このデバイスでアダルトサイトにアクセスした事実はないのですよ!

これが怪しいポイントの2点目です。

 



怪しいポイント③ 物理的に存在しないカメラで撮影したという内容

怪しいポイントの3点目として、これまたメール本文から読み解いていきましょう。

メール本文ではこんな記述もありました。

「左側のスクリーンで貴方がマスタベーションを行い、右側のスクリーンでは貴方が自分を弄っている間に閲覧していた動画が再生されるビデオを私は所有しています。」

何やら私の姿を盗撮したと書いてありますね(笑)

しかし、それはどうでしょうか。

このデバイスにはカメラが付いていません。

カメラが存在しないのに、どうやって映像を撮影することができるんでしょうね~。

不思議。

これもただ言い張っているにすぎません。

お前の姿とったからなー!金払えよー!って。

実際にその映像が貼付されているならまだしも、そんな添付ファイルは当然ありません。

カメラがないんですからね、撮れるわけでありません。

ただただ向こうが一方的に主張しているだけで、いずれもその証拠となるものが一切提示されていない。

それがこのメールの特徴でもあります。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.アクセスが可能と宣言しているが、アクセスした証拠が一切ない

2.アクセスしたことがないアダルトサイトで感染したというあり得ない内容

3.カメラが付いていないのに映像を撮影したという物理的にあり得ない内容

以上3点、どれをとっても怪しく、どれをとってもそれを証明する証拠がない内容でした。

気をつけましょうね。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました