自分を大切に!を名乗る「私に連絡してください!」にご注意を

注意喚起
Pocket

自分を大切に!を名乗る不審なメールが出回っています

今回は自分を大切に!を名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「私に連絡してください!」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください。

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:私に連絡してください!

どうも、こんにちは。
まずは自己紹介をさせていただきますね。私はプロのプログラマーで、自由時間ではハッキングを専門にしております。
今回残念なことに、貴方は私の次の被害者となり、貴方のオペレーティングシステムとデバイスに私はハッキングいたしました。

数ヶ月間、貴方を観察してきました。
端的に申し上げますと、貴方がお気に入りのアダルトサイトに訪問している間に、貴方のデバイスが私のウイルスに感染したのです。

このような状況に疎い方もいらっしゃいますので、より細かく現状を説明いたします。
トロイの木馬により、貴方のデバイスへのフルアクセスとコントロールを私は獲得しています。
よって、貴方の画面にあるもの全てを閲覧、アクセスすることができ、カメラやマイクのON/OFFや、他の様々なことを貴方が知らない間に行うことが可能です。

その上、貴方のソーシャルネットワークやデバイス内の連絡先全てにもアクセスを行いました。

なぜ今までウイルス対策ソフトが全く悪質なソフトウェアを検出しなかったんだろうとお考えではないかと思います。

実は、私のスパイウェアは特別なドライバを利用しており、頻繁に署名が書き換えられるため、貴方のウイルス対策ソフトでは捕らえられなかったのです。

画面の左側では貴方がご自分を楽しませている様子、そして右側ではその時に視聴されていたポルノ動画を表示するようなビデオクリップを作成いたしました。
マウスを数回クリックするだけで、あなたの連絡先やソーシャルメディアのお友達全員に転送することができます。
この動画を公開アクセスのオンラインプラットフォームにアップロードしたら貴方は驚くかもしれませんね。

朗報は、まだ抑止することができることです。
ただ 18万円 相当のビットコインを私のBTCウォレットに送金いただくだけで止められます(方法がわからない方は、オンライン検索すれば、段階ごとに方法を説明した記事が沢山見つけられるはずです)。

私のビットコインウォレット(BTC Wallet): 3BRmXHsknsXia32wxRoA8SSPKe9vG9fQ29

貴方の入金が確認できるとすぐに、卑猥な動画はすぐに削除し今後私から2度と連絡がないことを約束します。
この支払いを完了させるために48時間(きっちり2日間)の猶予がございます。
このメールを開くと既読通知は自動的に私に送られるため、その時点でタイマーは自動的にカウントを開始します。

送金できない場合はメールにてお問い合わせください。

このメールを誰かに転送しようとしていることが分かると、すぐに貴方の卑猥な動画を公開させます。

合理的に考えて、バカな真似はこれ以上しないでください。わかりやすい説明を段階を踏んでお伝えをしたつもりです。今貴方がすべきことは私の指示に従って、この不快な状況を取り除くことです。

ありがとうございます。幸運を祈ります。

転記終了



怪しいポイント① ハッキングしたというがその証拠が提示されていない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

怪しいポイントの1点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メールの前半導入部分で、デバイスにハッキングしたことを明示しています。

ハッキングしたとありますが、その形跡や証拠が一切提示されていないことが、本文を読むとわかるんですよね。

ただハッキングしましたと言っているだけ。

実際に〇〇というファイルを生成していますなど、ハッキングした証拠がないのです。

これではオレオレ詐欺と同レベル。

私がもしハッキングをしているなら、必ず証拠となるようなものを残して信じさせますけどね・・・。

 

怪しいポイント② 動画を記録したというが物理的にカメラがついていない

怪しいポイントの2点目として、再びメール本文から見てみます。

メールではデバイスのカメラで私の姿を録画したとあります。

しかしそんなことはできないのです。

なぜならこのデバイスはパソコンであり、カメラがついていないからです。

物理的にカメラがついていないのに、私の動画を取ることなど不可能。

パソコンの画面を録画したというのならまだわかるんですけどね。

メールを見るとそうではなく、私の動画を撮ったとされていますから、これは明らかなウソであることがわかりました。



怪しいポイント③ ポルノ動画を閲覧したという嘘

怪しいポイントの3点目として、これまたメール本文から見てみます。

メールではポルノ動画を閲覧していたと書かれていますが、これもまた嘘であります。

なぜなら、このデバイスでポルノ動画を閲覧した事実がないからです。

閲覧した事実がないのに、そんなこと言われても、誰が信じますかね?(笑)

メールの内容が嘘だらけで滑稽に見えてきますが・・・どうでしょうか。

嘘ばかりを並べ立て、ビットコインをよこせと脅迫めいたメールを送ってくる。

もう少し、頭を使った方がいいんじゃないかなと思うようなメールとなっていました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.ハッキングした証拠が提示されていない

2.カメラがついていないデバイスで動画撮影したという嘘が書かれている

3.ポルノ動画を閲覧していないのに閲覧したという嘘が書かれている

以上3点、どれをとっても嘘ばかりの内容で取るに足らないメールであると思いますね。

 

ビットコインなど払わないように!

このメールの送り主は、こうした嘘を並べ立て不安感をあおり、ビットコインをだまし取ろうとしています。

もちろん嘘だらけの内容となっているので、信じるに取るに足りません。

そんな事実はありませんので、お金だけとられて終わりってパターンにもなってしまいます。

こうしたメールに引っかからないように、気を付けたいものですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました