ETC利用照会サービスを名乗る「【重要なお知らせ】システム停止の重要情報 2022年4月1日」にご注意を

ETCメール 注意喚起

ETC利用照会サービスを名乗る不審なメールが出回っています

今回はETC利用照会サービスを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「【重要なお知らせ】システム停止の重要情報 2022年4月1日」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:【重要なお知らせ】システム停止の重要情報 2022年4月1日

メールアドレス 様

平素よりETC利用照会サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます
ETCシステムは、2022年4月1日にアップグレードおよび保守されます。本サービスはサーバーメンテナンスのため、次のとおりシステムを停止させていただきます。システム停止期間中はすべてのサービスがご利用できません。
2022年4月1日までにログイン情報をご確認ください。ご確認いただけない場合、ECTサービスをご利用いただけません。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
[利用停止期間]
2022年4月1日(金)0時 ~ 8時頃(予定)

[利用を停止するサービス]
インターネット(リンク)でご提供しているすべてのサービス(ETC利用証明書発行、ETC利用証明書明細確認)

下記のURLへアクセスし、必要な情報を入力のうえ、手続きを完了してください。

リンク

※このURLの有効期間は手続き受付時より48時間です。
(有効期限 2022/03/23 23:59)

※上記期間中であってもETCでのご走行には、影響ありません。
※サービス再開後、数時間は、ETC利用証明書の発行に通常より時間を要することがあります。
※次のサービスについても、上記期間中にインターネットでご提供しているすべてのサービスのご利用を停止させていただきます。
※このメールは送信専用です。
このアドレスに送信いただいても返信いたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※本メールに心当たりがない場合は、速やかに削除お願いいたします。

なお、ご不明な点につきましては、お手数ですが、
ETC利用照会サービス事務局にお問い合わせください。

■ETC利用照会サービス事務局
年中無休 9:00~18:00
ナビダイヤル 0570-001069
(ナビダイヤルがご利用いただけないお客さま 045-477-1262)

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスは、ETC利用照会サービスに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにメールが送られてくるのはおかしいですよね。

登録している方には本物のETC利用照会サービスからメールが送られてきているのに・・・。

そもそもどこでメールアドレスを取得したのか?という問題があります。

登録をしたことがないわけですから、知っていること自体がおかしい。

ETCのような公共サービスが、メールアドレスを勝手に取得してこうしてメールが送られてくるなんてことはないと思うんですけどね。

これがまず1点目です。

 

怪しいポイント② 不可解な内容

怪しいポイントの2点目としてメール本文を見てみたいと思います。

メール本文では「本サービスはサーバーメンテナンスのため、次のとおりシステムを停止させていただきます。」と書かれていました。

サイトのメンテナンスの為、こうして利用できなくなるということはよくある話。

しかし、さらにこう書かれていました。

「2022年4月1日までにログイン情報をご確認ください。ご確認いただけない場合、ECTサービスをご利用いただけません。」

は?意味わからないですが(笑)

メンテナンスに伴い、何かをしろというのは通常ありません。

色んなサービスを利用してメンテナンスが行われているのを経験していますが、その前に何かをしてくださいというのは通常ないんです。

その期間サービスが利用できませんからねというくらいで。

これが怪しいポイントの2点目となりました。



怪しいポイント③ リンク先URLと公式サイトのURLが違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

これはインターネットの仕様となっており、全世界共通です。

そこで、本物かどうかを確認するためにメールに貼付されていたリンク先URLと公式サイトのURLを比較してみたいと思います。

するとこれが見事に違っていることが判明!

これはもう決定的といえるような内容となっていましたね。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信した

2.不可解なメール本文

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントとなっていました。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。

 

公式サイトでの注意喚起

ETC公式サイトでも不審なメールの注意喚起が行われています。

併せてご覧いただけるとよろしいかと思いますm(_ _)m



コメント