Amazonを騙る不審メールにご注意を

注意喚起
Pocket

Amazonを騙ったメールが出回っています。

今回、Amazonを騙ったメールを受信しましたので、注意喚起していきたいと思います。

件名は「お支払い方法の情報を更新」となっていました。

こうした件名のAmazonメールを受信したら本物のAmazonではない可能性がありますので、注意してくださいね。

 

メールの内容

それでは、メールの内容を見ていきたいと思います。

転記開始

件名:お支払い方法の情報を更新

Amazonお客様 受信したメールアドレス

Amazonに登録いただいたお客様に、Amazonアカウントの情報更新をお届けします。

残念ながら、Amazonのアカウントを更新できませんでした。

今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するためAmazonアカウントの情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

Amazonログイン(リンク)

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせて頂きますので、予めご了承ください。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合

お問い合わせ:Amazonカスタマーサービス。

お知らせ:

・パスワードは誰にも教えないでください。

・個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。

・オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Amazon

転記終了



そもそも登録していないメールアドレスに送られてきた

Amazonの会員になるときには、必ずメールアドレスを登録しなければなりません。

しかし、今回受信したメールアドレスは、その登録には利用していません。

そんなところに送られてくるなんて・・・おかしいですよね?(笑)

別なメールアドレスを使用しているため、こちらで受信するわけがないのです。

これが偽物だと疑う最大の理由の一つとなります。

 

リンク先が公式のAmazonのアドレスと違う

2つ目の理由がこちら。

メール内にはリンクが貼られているのですが、このリンク先のアドレスを確認すると公式のAmazonのアドレスとは違うことがわかります。

「amazon」の部分が「amozan」になっていました(笑)

これは誤認させてリンクに引き込もうという魂胆が見えてきます。

決してリンクをクリックしてはいけません。

URLアドレスは、世界に同じものが二つと存在しません。

故にアドレスを確認すれば、それが本物であるか、偽物であるかを見分けることができるんですよね。

これも偽物を判定するのに、有効な手段の一つと言えます。

 

その後24時間以上経過したが何も起こらない

メールの中では、24時間以内に云々と時間制限を設けてリンクをクリックさせようとしています。

私はこのメールを24時間以上放置。

そしてAmazonを開いてみると・・・何も起きていません。

当然ですよね、これ偽物のメールですから。

制限なんて少しも掛かっていませんし、普通に買い物もできます。

この手のメールを受信しても、慌ててリンクをクリックしないことが大事となります。

 

リンクはクリックしない!

これが最大の自己防衛になります。

怪しいと思ったメールのリンクは、絶対にクリックしない。

これが迷惑メール対策の第一歩。

こうしたメールに引っかからないようにしたいものです。

 



コメント

  1. […] Amazonを騙る不審メールにご注意を […]

  2. […] Amazonを騙る不審メールにご注意を […]

  3. […] Amazonを騙る不審メールにご注意を […]

  4. […] ピンバック: Amazonを騙る不審メールにご注意を – お一人様ですが何か? […]

タイトルとURLをコピーしました