ビッグカメラ.comを名乗る「ビックカメラ.com:カード情報更新のお知らせ」にご注意を

ビッグカメラ.comを名乗る「ビックカメラ.com:カード情報更新のお知らせ」にご注意を

Pocket

ビッグカメラ.comを名乗る不審なメールが出回っています

今回はビッグカメラ.comを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「ビックカメラ.com:カード情報更新のお知らせ」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文を見ていきましょう。

転記開始

件名:ビックカメラ.com:カード情報更新のお知らせ

ビックカメラ.com:カード情報更新のお知らせ

残念ながら、あなたのアカウントが

 

ビックカメラ.comのカード情報を更新できませんでした。

 

これは、カードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さ

まざまな理由で発生する可能性があります。

 

アカウント情報の一部が誤っているため、お客様のアカウントを維持する

ために、ビックカメラ.comのカード情報を確認する必要があります。今

アカウントを確認できます。
——————————
<カード情報更新>

■ご利用確認はこちら(リンク)

——————————

 

なお、24時間以内にご確認できない場合、誠に勝手ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

お客様のセキュリティは弊社にとって非常に重要なものでこさいます。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

※本メール内のお客様の漢字氏名が正しく表記されない場合がございます。ご了承ください。

※弊社からのメールを希望されない会員様へも重要なお知らせとしてお送りしております。

※本メールアドレスは送信専用となり、返信はお受けしておりません。

本メールは配信専用です。ご返信を承ることができませんのでご了承ください。
ご不明点等ございましたら下記よりお問い合わせください。

*****************************
ビックカメラネットショップサポートセンター
メール:(リンク)
電話番号: 0570-06-7000(有料)
営業時間: 10:00~21:00
*****************************

転記終了



怪しいポイント① ビッグカメラのサービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はビッグカメラのサービスを利用していません。

利用していないサービスについてこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

利用していないのですから、登録もしていません。

ということは、メールアドレスの登録ももちろんしていません。

ではなぜメールアドレスをしっているんでしょうね?

どこで入手したのか、すでにこの時点で相当怪しい・・・ですね(笑)

 

怪しいポイント② 持っていないアカウントを確認しろという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に目を向けたいと思います。

メール本文を読んでみると「アカウントを確認して」という内容となっていました。

さて困りました。

私はサービスを利用も登録もしていません。

よって当然ながらアカウントも存在していないのです。

存在しないアカウントにどうやってアクセスするんでしょうか?

IDもわからなければ、パスワードもわからない。

存在しないものを何とかしろというあり得ない内容が、怪しいポイントの2つ目となりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが本物と違

怪しいポイントの3つ目として、リンク先URLに目を向けてみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、URLまでコピーすることはできません。

そこで、メールに貼付されているリンク先URLと、ビックカメラの公式URLを比較してみることにしました。

すると・・・全然違うことが判明(笑)

これはもう相当怪しいですね。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスのメールだった

2.存在しないアカウントにアクセスしろというあり得ない内容だった

3.リンク先URLが本物のURLと違った

以上3点、どれをとっても怪しいと思われる内容となっていました。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です