Amazon.co.jpを名乗る「【Amaozn】 クレジットカードの盗難を防ぎ解除いたしました!」にご注意を

注意喚起
Pocket

Amazon.co.jpを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmazon.co.jpを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「【Amaozn】 クレジットカードの盗難を防ぎ解除いたしました!」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文を見ていきましょう。

転記開始

件名:【Amaozn】 クレジットカードの盗難を防ぎ解除いたしました!

Amazonお客様
誰かがあなたのクレジットカードにログインして商品を購入しようとしていることに気がつきましょう。
クレジットカードの盗難を防ぎ、登録したらできるだけ早く情報処理を更新する。
あなたが24時間以内に確認できない場合は申し訳ありません。財産の損失に対しては
このアカウントの使用を制限させていただきます。あらかじめご理解ください。

お客様の Amazon アカウント

アカウントのメールアドレス管理コンソールにログインし、所定の手順に従ってください。アカウントの所有権の証明についてはヘルプセンターの記事も併せて参照。

状態:

異常は更新待ちです

Amazonクリック&ログイン(リンク)

数日以内アカウント所有権をご証明いただかなかった場合、Amazonアカウントは自動的に削除されますのでご注意ください。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Amazon チーム

利用規約  プライバシー規約  ヘルプ

© 1996-2022, Amazon. Inc. or its affiliates

転記終了



怪しいポイント① Amazonに登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはAmazonに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにこうしてメールが送られてくる。

これはなかなか気持ち悪いことであり、怪しくも感じるポイントですよね。

しかも、この間登録しているメールアドレス宛には、本物のAmazonからメールが送られてきています。

どちらが本物なのかは言わずもがな。

そもそも教えたことがないメールアドレスをなぜ知っているのか?

教えたことがないということは、本人が承知していない方法でメールアドレスを取得しているということになります。

天下のAmazonがそんなことをしないと思いますけどね~。

これが怪しいポイントの1つ目となりました。

 

怪しいポイント② アカウントの使用制限をするという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に注目してみたいと思います。

メール本文ではこんな記述がありました。

「あなたが24時間以内に確認できない場合は申し訳ありません。財産の損失に対しては
このアカウントの使用を制限させていただきます。」

日本語がそもそもおかしいという問題もあるのですが、アカウントの使用を制限すると宣言しています。

これが本当かどうかを確認してみましょう。

メールを受信してから24時間以上が経過後、Amazonにログインしてみます。

すると普通にログインすることができまして・・・。

他にも一通り触ってみましたが、全く使用制限されている様子はありませんでした!

怪しいポイントの2点目はメールの内容が嘘ということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね~。

これはインターネットの常識ということもできます。

そしてこの仕様を利用して、メールに貼付されていたリンク先URLが公式サイトかどうかを確認してみたいと思います。

公式サイトであれば公式サイトの文字列が入っているはずですからね。

これら2つのURLを比較してみた結果、これらは全く違っていることが判明。

これはもう決定的な怪しいポイントになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信した

2.メールの内容が嘘

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違う

以上3点、どれをとっても怪しいポイントと言えますね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました