Amazonを名乗る「アカウントが危険にさらされている可能性があることに注意してください」にご注意を

注意喚起
Pocket

Amazonを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmazonを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「アカウントが危険にさらされている可能性があることに注意してください」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:アカウントが危険にさらされている可能性があることに注意してください

Amazon利用いただき、ありがとうございます。
このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。

つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。

 

 

ご利用確認はこちら(リンク)

 

ご不便とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、
何とぞご理解賜りたくお願い申しあげます。

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはAmazonに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

しかもこの間、登録しているメールアドレス宛には本物のAmazonからメールが送られてきています。

これはどうなっているんでしょうかね(笑)

もちろん、登録している方に送られてきているのが本物のAmazonということは言うまでもありません。

 

怪しいポイント② カードのご利用を一部制限という内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に注目してみたいと思います。

メール本文では「カードのご利用を一部制限させていただき」とあります。

ここで一つの疑問が生じました。

なぜAmazonがカードの利用を制限できるんでしょうか?

カードの制限をできるのはAmazonではなくクレジットカード会社のはずです。

Amazonのカードであればそれは可能でありますが、私が持っているカードはAmazonのカードではありませんからね。

これはあり得ない内容ということになるのです。

怪しいポイントの2点目は、あり得ないメール内容ということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、メールに貼付されていたリンク先URLと公式サイトのURLを比較してみることにしました。

すると、これが見事に違っていることが判明!

これはもう決定的ともいえる内容となりましたね。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3点ありました。

1.登録していないメールアドレスで受信

2.Amazonのカードではないのにカードの利用制限をすると言う内容

3.リンク先URLが公式サイトのURLが違う

以上3点、どれをとっても怪しい内容と言えますね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました