Amazonを名乗る「異常な活動ーアカウントを保護して下さい6」というメールにご注意ください

Amazonを名乗る「異常な活動ーアカウントを保護して下さい6」というメールにご注意ください

Pocket

Amazonを名乗る不審メールが出回っています

先日Amazonを名乗る不審メールを受信しました。

注意喚起として公開させて頂きます。

件名は「異常な活動-アカウントを保護して下さい6」となっていました。

 

メール本文

それでは、どんな内容のメールとなっていたのか、ご覧下さい。

転記開始

件名:異常な活動-アカウントを保護して下さい6

平素は弊社カードならびにインターネットサービス「Amazon」をご愛用いただき、厚く御礼申し上げます。

あなたのIDとパスワードで第三者がログインした形跡が見つかったため

ログイン一時停止を行いました。

ログインするにはパスワードの再設定を行って下さい

■ご解除URL(リンク)

転記終了

 

偽物と疑う理由① 登録していないメールアドレスに送られてきた

ここからは、これが偽物っぽい理由を見ていきたいと思います。

第一に、これは登録もしていないメールアドレスに送られてきていることが挙げられます。

登録もしていないアドレスに送られてくるのはおかしいですよね。

登録しているメールアドレスに送られてくるのならわかりますが、これはおかしい。

ここでこれが偽物であると断じてもいいくらいに、おかしなことです。



偽物と疑う理由② 本文の表記がおかしい

本文の中で、Amazonについて触れています。

Amazonをこう表現しているんですよね。

「インターネットサービス」

Amazonのことをインターネットサービスって言いますか?

少なくとも私はここに違和感を感じました。

Amazonはインターネットサービスではなく、インターネットショッピングサイトだろうと。

インターネットサービスというとプロバイダとか、サーバーとかそうしたものを想像してしまう自分がいます。

 

偽物と疑う理由③ リンク先URLがおかしい

このメールの本文の中に、ご解除URLという文字と共にリンクが貼られています。

このリンク先のURLを確認してみると、公式Amazonとのアドレスに差異があることがわかりました。

公式のAmazonのアドレスには「amazon」という文字列が含まれているのに対し、メールに張られているリンクには「amazoxcon8」という文字列が含まれています。

似せた文字列を入れることにより、誤認させて呼び込もうとする魂胆が見えてきますね。

 

リンクを辿らない

こうした怪しいメールを受信することも時々あります。

この手のメールは、メール内に記載されているリンクに誘導することが目的。

故に、リンクをクリックしない、タップしないというのが自己防衛となります。

くれぐれもリンクを辿らないよう、注意しましょう。



Amazonを名乗る「異常な活動ーアカウントを保護して下さい6」というメールにご注意ください」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です