三井住友カードを名乗る「本メールはドメインの運用(メール送受信やホームページの表示)に関わる」のご注意を

注意喚起
Pocket

三井住友カードを名乗る不審なメールが出回っています

今回は三井住友カードを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「本メールはドメインの運用(メール送受信やホームページの表示)に関わる」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:本メールはドメインの運用(メール送受信やホームページの表示)に関わる

いつも弊社カードをご利用いただきありがとうございます。

カードが第三者に悪用されるリスクがあることを監視し、適時にカードを制限しました。このメールを受信した直後に、以下のリンクをクリックして個人情報を確認してください。それまでは、カードは常に制限状態の場合、ご不便をおかけしておりますのでご了承ください

三井住友クレジットカード株式会社は、利用者の財産情報のセキュリティ保護に努めておりますので、普段のご利用に支障をきたさないよう、お早めにご確認ください。

■ご利用確認はこちら(リンク)

 

━━━━━━━━━━━━━━━
発行者
三井住友カード株式会社

  リンク


本メールは送信専用です。
本メールは「Vpass」にメールアドレスをご登録いただいた方にお送りしています。
━━━━━━━━━━━━━━━

転記終了



怪しいポイント① 三井住友カードを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私は三井住友カードを利用していません。

利用していないカードに対して、こうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

カードを利用していないということは、利用登録もしていないということです。

利用登録をしていないということは、メールアドレスの登録もしていません。

ではなぜメールアドレスを知っているんでしょうかね?

登録もしていないメールアドレスを知っている。

しかも三井住友と言えば銀行までやっているグループ。

そんなグループがこんなことは絶対にしないと思いますが・・・。

 

怪しいポイント② 登録していない個人情報を確認しろという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メール本文では「個人情報を確認してください」とあります。

何やらシステム更新が入ったらしく、改めて個人情報の確認を求めているようです;。

がしかし!

私は利用登録をしたことがないので、三井住友グループ系で個人情報の登録をしたことがないのです。

登録していない個人情報を確認するということはできませんよね。

物理的にあり得ない内容ということもできます。

怪しいポイントの2点目は、こうしたあり得ない内容ということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、メールに貼付されていたリンク先URLと、公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが違っていることがわかりました。

これはもう決定的に怪しいと言えるポイントにもなりましたね。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入ります。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないカードのメールだった

2.個人情報を登録していないのに確認しろという内容だった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントとなっていました。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました