AmericanExpressを名乗る「【AMERICAN EXPRESS】ご請求金額確定のご案内」にご注意を

AmericanExpressを名乗る「【AMERICAN EXPRESS】ご請求金額確定のご案内」にご注意を

Pocket

AmericanExpressを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmericanExpressを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「【AMERICAN EXPRESS】ご請求金額確定のご案内」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:【AMERICAN EXPRESS】ご請求金額確定のご案内

【AMERICAN EXPRESS】ご請求金額確定のご案内

平素はアメリカン・エキスプレスのカードをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ご請求金額が確定しましたので、「オンライン・サービス」へログイン(リンク)のうえ、ご確認ください。

「口座振替のお知らせ」も合わせてご利用ください。

口座の振替金額と振替日を、振替日の2 – 5日前にEメールでお知らせする便利なサービスです。この機会にぜひ、ご登録ください。 詳細はこちら

リンク

  • お客さま情報保護のため、ご利用明細の詳細などはEメールでご案内いたしておりません。
  • カードのご利用がない月は「オンライン明細書」は作成されません。また、Eメールによるご案内もございません。
  • 「オンライン明細書サービス」にご登録されていても、分割払いおよびリボルビング払いのご利用がある場合、ボーナス払いの請求月・支払い完了月、キャッシング、カード・ローンご請求残高がある場合(法令に定められている書面交付義務に基づきます)、またその他当社が必要と認めた場合には、「カードご利用代金明細書」を郵送させていただきます。
  • ご入力いただいたEメールアドレスに誤りがあったり、通信障害等によりEメールをお送りできない場合は、ご登録のご利用代金明細書送付先へ、その旨を記載したお手紙を郵送させていただく場合がございます。
  • 配信アドレスの変更は、「オンライン・サービス」の“ご登録情報の変更”よりお手続きください。
  • このメールは送信専用メールアドレスから自動送信されています。ご返信いただいてもお応えいたしかねますので、ご了承ください。

【配信元】

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.

〒105-6920 東京都港区虎ノ門4丁目1番1号

Copyright (c) 2021 American Express International, Inc. All Rights Reserved.

AGNJACRS0029001

転記終了



怪しいポイント① AmericanExpressのサービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はAmericanExpressのサービスを一切利用していません。

利用していないサービスについて、こうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

サービスを利用していないということは、サービスの利用登録をしたことがないということです。

利用登録をしていないということは、メールアドレスの登録もしていません。

ではどこで今回受信したメールアドレスを入手したんでしょうかね?

そんなことも怪しく感じてくる理由の一つとなっています。

 

怪しいポイント② 口座もカードもないのに請求確定という内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文を見てみたいと思います。

メール本文では請求額が確定したという内容となっています。

カードもないし、口座登録もしていないのにです。

どこから引き落とすんでしょうね(笑)

物理的にあり得ないメール内容、それが怪しいポイントの2点目となりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこでメールに貼付されていたリンク先URLと、公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが違っていることが判明!

これはもう相当怪しいと言えるでしょう。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスのメールだった

2.物理的にあり得ない内容のメールだった

3.リンク先URLと公式サイトのURLが違った

以上3点、どれをとっても怪しいと言える内容となっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です