Amazonからの「Amazonチームはあなたのアカウントの情報が異常であることを発見しました」というメールにご注意を

Amazonからの「Amazonチームはあなたのアカウントの情報が異常であることを発見しました」というメールにご注意を

Pocket

Amazonを名乗る不審なメールを受信

今回は、Amazonを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

Amazonといえば、大手インターネットショッピングサイトとして知られています。

それを名乗っていかがわしいことをしようとしているようなので、ご注意下さい。

件名は「Amazonチームはあなたのアカウントの情報が異常であることを発見しました」となっています。

 

メール本文

それでは早速メール本文を見ていきましょう。

どんなメールだったのか、ご覧ください。

転記開始

件名:Amazonチームはあなたのアカウントの状態が異常であることを発見しました

Amazonお客様:メールアドレス

Amazonチームはあなたのアカウントの状態が異常であることを発見しました。バインディングされたカードが期限が切れていたり、システムのアップグレードによるアドレス情報が間違っていたりして、あなたのアカウント情報を更新できませんでした。

リアルタイム サポートをご利用ください

お客様の Amazon アカウントは 24 時間 365 日対応のサポートの対象となっておりますので、Amazon サポートチームにご連絡いただければ、アカウントの所有権の証明をお手伝いします。

お客様の Amazon アカウント

アカウント所有権の証明をご自身で行う場合は、Amazon 管理コンソールにログインし、所定の手順でお手続きください。アカウント所有権の証明(リンク)についてのヘルプセンター記事も併せてご参照ください。

状態:異常は更新待ちです

数日以内アカウント所有権をご証明いただかなかった場合、Amazonアカウントは自動的に削除されますのでご注意ください。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Amazon チーム

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスに送られてきた

ここからは、このメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず1点目。

このメールを受信したメールアドレスですが、Amazonには一切登録していないメールアドレスです。

そもそも、そんなアドレスにメールが送られてくること自体おかしいですよね。

本物のAmazonであれば、登録しているメールアドレスに送ってくるはずです。

これがまず1点目であり、ここで偽物と断じてしまってもいいくらいかもしれませんね。

 

怪しいポイント② おかしな日本語

ところどころ日本語表記がおかしくなっています。

例えば「異常は更新待ちです」

どういうことでしょうかね(笑)

日本語としておかしいです。

 

怪しいポイント③ リンク先URLがおかしい

URLアドレスというのは、世界に2つと同じものがありません。

故に、アドレスを見ればそれが本物か偽物かわかるはずです。

メールに添付されているリンク先を確認してみると、やっぱりAmazonの公式アドレスとは違っていました。

本物のAmazonのメールアドレスURLには、amazonという文字列が入っています。

しかしながら、今回の偽物にはamazonという文字は入っておらず、代わりに「oimazon」というアドレスに・・・。

なんだそれは(笑)

アドレスまで違うとなれば、これはもう偽物であると断定してもいいでしょう。

 

リンクはたどらない!

こうしたメールの目的は、リンク先で個人情報などを抜き取ること。

故に、リンク先をたどらないことが最初にできる自己防衛となります。

身に覚えのないメールや、怪しいと思ったメールのリンクはたどらない!

こうしたメールが出回っていますので、ご注意ください。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です