お酒が苦手で飲めないので・・・飲み会ではドライバーを買って出る!

お酒が苦手で飲めないので・・・飲み会ではドライバーを買って出る!

Pocket

お酒が苦手

今回はお酒のお話。

皆さんはお酒を飲みますか?

私はこのお酒が苦手でありましてね・・・。

飲むと気持ち悪くなりますし、美味しいとは感じません。

今まで何度か飲む機会もありましたが、やはり苦手ですね。

強くもありませんし、眠気も襲ってきます。

以前会社の飲み会で上司と一緒に飲んだ時には「お前目が座って来てるけど大丈夫か?」と言われるほど。

自分では見れませんでしたが、その時きっと気持ち悪い薄笑いを浮かべていたのではないかと思いますね。

どうも好きになれない、それが私にとってのお酒です。

 

家でも飲まないし、外でも飲まない

それほど嫌いなお酒ですから、自宅で晩酌することなんてのは全くありません。

自分で購入したことが今まで一度もない!

そして外食するときでも、もちろんお酒は飲みません。

飲みたいと思わないので、飲み物を頼むとすればいつもソフトドリンク。

それで十分だと思っていますし、特に不満にも思いません。

やっぱりこういうものって合う合わないがあると思うんですよね。

体質的にも。

私にはお酒が合わない、それが私の結論です。



仕事をしている上で飲み会もある

しかしながら、社会人になり仕事を始めるようになると、中には飲み会が開催されることもあります。

理由も様々で、新人歓迎会、忘年会、新年会、プロジェクトの打ち上げ、退職のお疲れ様会・・・。

実に色んな理由をつけては飲み会が開催されます。

お酒が苦手な私も、人間関係などを考えるとこういう飲み会にも参加した方がいいのかな・・・なんて思いましてね。

普通の飲み会であれば断るところですが、こうした理由づけされている時には渋々参加したこともあります。

 

その時はハンドルキーパー!

飲み会に参加したとはいえ、基本的にお酒を飲みたくないスタンスで行くわけです。

そこで伝家の宝刀を抜くことに・・・。

「ハンドルキーパーはお任せください!」

お酒を飲んだら車を運転してはいけない!

この宝刀を抜くと、それでも飲めなんていう人は今の時代いません。

そんなことを言えば、パワハラであると同時に法律を犯してしまうことにもなりますからね。

ただ残念なことに「車で来ている人がいる」ことが条件になります。

みんな電車だよってときにはこれが使えないのですorz



逃げられないときは乾杯だけ!

大義名分が通用しないときには、最初の1杯だけ付き合うことにしています。

さすがに全く飲まないのも場がしらけるといわれたらそれもわかります。

最初の1杯だけ頂き、その後はソフトドリンクへ移行。

お酒よりも食事を楽しみながら、その場をやり過ごすことにしていますね。

そんなこともあってか、おつまみ系の食事も結構好きだったりします(笑)

 

飲めません!と言えば通用する時代になった

アルハラなんて言葉も使われるようになった最近。

飲めません!と言えばそれ以上お酒を進めてこようとする人も少なくなりましたよね。

じゃあソフトドリンクや食事を楽しんでねと言ってくれる方も数多くなりました。

お酒を飲めない自分にとってはいい時代になったものです。

最近では新型コロナウィルスの影響で飲み会自体がほぼなくなりましたけどね。

それを苦痛と感じる方もいらっしゃるとは思いますが、逆に私なんかは飲み会ができない大義名分ができて助かっている立場かもしれません。

お酒が飲めない人間にとって、飲み会で一番つらいのは・・・飲んでいないのに割り勘にされること(笑)

なんかちょっと理不尽だなと感じることもある飲み会のお話でした!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です