ヨドバシ・ドット・コムを名乗る「ヨドバシ・ドット・コム:カード情報更新のお知らせ」にご注意を

ヨドバシ・ドット・コムを名乗る「ヨドバシ・ドット・コム:カード情報更新のお知らせ」にご注意を

Pocket

ヨドバシ・ドット・コムを名乗る不審なメールが出回っています

今回はヨドバシ・ドット・コムを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「ヨドバシ・ドット・コム:カード情報更新のお知らせ」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください。

 

メール本文

それでは、メール本文です。

転記開始

件名:ヨドバシ・ドット・コム:カード情報更新のお知らせ

ヨドバシ・ドット・コム:カード情報更新のお知らせ

残念ながら、あなたのアカウントが

 

ヨドバシ・ドット・コムのカード情報を更新できませんでした。

 

これは、カードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さ

まざまな理由で発生する可能性があります。

 

アカウント情報の一部が誤っているため、お客様のアカウントを維持する

ために、ヨドバシ・ドット・コムのカード情報を確認する必要があります。今

アカウントを確認できます3。

【カード情報更新】

●カード情報更新会員ID(メールアドレス)

メールアドレス

▼お客様のカード情報更新ページはこちら

ヨドバシ・ドット・コム(リンク)

※上記のカード情報更新ページは、SSLのセキュリティページです。
再設定ページは、このメール配信から約24時間を有効期限とさせて
いただきます。有効時間を過ぎますと、上記ページは無効となり
ます。お早めの手続きを、おすすめいたします。
有効時間が切れた場合には、再度、カード情報更新手順にそって、
手続きをお願いいたします。
弊社よりお客様個別に配信しておりますメールには、必要に応じて
お客様の個人情報が表示されるページへリンクするURLが記載されます。
当該URLについては、ブログやソーシャルブックマーク等において、
公開されませんようご注意願います。
万が一公開された場合でも、弊社では一切の責任を負いません。

※このメール内容に心あたりのない場合は、お手数ですが、ヨドバシ・ドット・コムお問い合わせ窓口へ至急ご連絡をお願いいたします。

このメールは、配信専用のアドレスで配信されています。
お手数をお掛けいたしますが、このメールの内容についてのお問い合わせは下記の連絡先までお願いいたします。

ヨドバシ・ドット・コム お問い合わせ窓口

Email: メールアドレス

Copyright2021 Yodobashi Camera Co.,Ltd.

転記終了



怪しいポイント① ヨドバシ・ドット・コムのサービスを利用していない

ここからは、このメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

第一に、私はヨドバシ・ドット・コムのサービスを利用したことがありません。

利用したことがないサービスから、こうしたメールが送られてくること自体おかしいですよね。

利用したことがないということは、メールアドレスを登録したこともないということ。

本物だとしたら、このメールアドレスをどうやって手に入れたのか?聞いてみたいところですね。

 

怪しいポイント② アカウント名が明記されていない

こうしたアカウントに関するメールの場合、対象となるアカウント名を明かしてメールしてくるのが普通です。

というのも、アカウントを複数所持している人もいますからね。

仕事用、プライベート用と分けている人も中にはいます。

そうした人がわかりやすいように、また、対象となっているアカウントがわかるように、アカウント名を明かして送られてきます。

しかしながら「あなた」と表現するだけで、一切アカウント名を明かしていないのも怪しいと思うポイントの一つとなりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが本物と違う

次はメール内に貼付されているリンクに注目したいと思います。

サイトのURLというのは、世界に二つと同じものは存在しません。

いくら本物を装っても、URLだけは真似できないんですよね。

今回のリンクについても本物と比較してみたところ、本物のヨドバシとはURLが違うことがわかりました。

これは決定的ともいえます。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入ります。

怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスのメールだった

2.アカウント名が明記されていない

3.リンク先URLが本物のヨドバシと違う

以上3点が、今回怪しいと思われるポイントです。

 

リンクはクリック(タップ)しない

この手のメールは、メールに貼付されているリンク先に誘導し、そこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、これらをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができます。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリックしない!!

これを徹底していきたいものですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です