【人間関係】「やせたね~」と言われるとちょっぴりうれしくなる

人間関係
Pocket

人間関係

仕事でもプライベートでもそうですが、人間関係が発生するなんてこともよくあることです。

誰かと付き合いがある中で生活していくということは、ある種避けられないことかもしれません。

取引先、会社の同僚、先輩、後輩、ご近所、親兄弟・・・。

色んな関係がありますが、接点を持つと必ず発生するのが人間関係ということもできるでしょう。

こうした人間関係はできれば円滑に進めておきたいところ。

しかし、実際にやってみるとそう簡単ではなかったりします。

非常に面倒くさいのも、また人間関係ということが出来そうです。

 

ある日の事知人から「やせたね~」と言われた

ある日の事。

知人と会うことになりまして、数カ月ぶりに会うことになりました。

「久しぶり~」なんてことから始まり、積もる話も合っていろんな話をします。

最近は何しているの~?とか元気だったー?とか。

指し障りのない話から始まり、段々とディープな話題に入っていく。

よくある光景です。

そうして話をしていると、唐突と知人が言いました。

「やせたね~」

え?何突然??

と思ったのですが、そう?なんて答えまして。

やせたよ~と言われてちょっと悪い気はしませんでした(笑)



言われるとちょっと嬉しい

リップサービスという部分もあったと思いますが。

実際問題として、ちょっと痩せているのは事実。

体重をはかっているわけではありませんが、ズボンをはいたりしてみるとよくわかるものです。

入らなかったものが入ったり、ぎりぎりだったものが余裕が出来たり。

そんなことでも感じます。

そしてそんなこともあり、痩せたと言われたことがちょっと嬉しくて。

そうかな~といいながら、自分の顔はニヤニヤしていたかもしれません( *´艸`)

特に痩せようと意識していたわけではなかったのですが、こうして言われてみると嬉しいものですね。

 

ダイエットをしていたわけでない

痩せたからといって、ダイエットをしていたわけではありません。

ダイエットをしようと思ったこともありませんし、痩せよう!と頑張っていたわけでもない。

ただ最近はちょっと食事の量が減っていたかなというのは自覚があります。

私は体質的に食べれば食べるほど太ってしまうので、太り気味の時は明らかに食べている時期ということが自分でもわかるんですよね。

反対に痩せているときにはやはり食事量が減っている。

我ながら正直な体をしているなと思うところでもありますね~。



コメント

タイトルとURLをコピーしました