【暮らしの豆知識】隠語「マッポ」とは?ヤンキー隠語の一つです( *´艸`)

暮らしの豆知識
Pocket

隠語

色んな業界に、その業界で使われている「隠語」というものがありまして。

直接その名詞などを言うのははばかられるような場面で、隠語を使うことで他の人に悟られることなく物事を伝える。

そんな用途で使われたりしていますね。

元々業界用語であったものが、一般にも浸透していったという例もありますが、こうした隠語もいろいろなものがあってみてみると面白いものです。

私の仕事の業界でもそうした隠語は存在していますが、業界ごとにまた違った隠語があったり。

業界ごとにそうしたものが存在しているようです。

 

隠語「マッポ」

今回見ていこうと思う隠語は「マッポ」というもの。

マッポは特定の職業の人を現す隠語なんですが、わかりますか?

この隠語を使う方は、ある程度の年齢に達していらっしゃる方かなと思います。

若い方はあんまり使わないかもしれませんね。

この「マッポ」は「警察官」を意味しています。

・マッポが来た!

・(警察官を見て)マッポだ!

こういった使い方をすることが多いようです。

警察官をマッポと呼ぶ・・・。

中々個性的な呼び方ですよね(笑)

全くと言っていいほどマッポと警察官は語呂的にかすってもいないのがよくわかります。



特定年代のヤンキーが使う隠語

こうしたマッポという呼び方、どうやら世代間で差があるようです。

マッポと呼ぶのは大体今の50台前後から上の方々が呼んでいた呼び名のようで。

その世代のヤンキー(不良)たちの隠語として、マッポが広く使われいたようです。

というのも、先日とある方と話をしていた時にマッポという言葉が出てきましてね。

「今の若い子は言わないのかな、警察官の事マッポって呼んでたんだ」

そんな話を聞き、久しぶりにマッポって聞いたなと思いました。

私の世代であんまりマッポという言い方をする人はいませんからね。

 

今となっては死語になりつつあるのか・・・

とはいえ、最近はマッポなんて言葉は聞かなくなりました。

単純に「警察」と呼んだり「サツ」と呼んだり。

サツは言わずもがな警察の「察」の部分を切り取った略語です。

マッポなんて言うよりはサツといった方が短いですし、言いやすい。

そんなこともあってか、めっきり生活の中では聞かなくなりました。

警察の呼び方もいろいろありますが、マッポなんて呼び方も、昔はあったんですね~。



コメント

タイトルとURLをコピーしました