【笑い話】雨で地面がぬかるんでいたところ・・・思いっ切り盛大にずっこける

やらかした話
Pocket

「雨」なんてのも、よく降るものでありますね。

日常的に降ることも多く、梅雨時期にもなれば毎日毎日雨が降っている。

そんな光景も目にします。

特別珍しいことでもなく、雨が降るのはよくあること。

そしてそんな雨にまつわる話ってのも、いろいろありましてね(笑)

中にはやらかしてしまうなんてこともあるんです。

今回はそんな雨の中でのやらかした話の一つ!

今となっては笑い話となっていいますが、一つしていきたいと思います。

 

お客さんと現場待ち合わせしていた

ある日のこと。

仕事が決まり、お客さんから仕事を受けて現場作業をすることになりました。

現場はとある学校のグラウンド。

学校のグラウンドなんて珍しいなと思いながら、お客さんと打ち合わせをして。

色々決まり、持っていくものも分かり準備をする。

後は現場へ行けばいい!という状況になりました。

普段学校のグラウンドなんてそうそう入る機会はありません。

なんだか学生時代の懐かしさを感じながら、現場を楽しみにしていました。



当日は雨!!

そして迎えた当日。

朝起きてみると、雨が降っていた・・・orz

なんだあ・・・屋外作業なのに運がないなあ。

そんなことを思いながら、仕事に行くための準備をします。

雨であっても一応決行ということになっていたので、現場にはいかなくてはなりません。

準備をして、車に乗って現地へ行く。

そして現地に着くと、やはり雨のせいで地面がぬかるんでいるorz

これも嫌だなあ・・・なんて思わせるものの一つとなっていました。

本当にこんなのでやるのか・・・なんて思いながら。

そしてグラウンドを見渡してみると、お客さんがすでに来ていたのです!

 

お客さんのもとへ駆け足で向かうと壮大にこけてしまった( ゚Д゚)

とりあえず挨拶だけでもしてこよう!

ということで、小走りでお客さんのもとへと向かいました。

100m、80m、50m・・・。

段々と近づいてきてお客さんも私を視認しています。

もうちょっと・・・と思った刹那

思いっきり足を滑らせて転倒!!

足が滑って豪快に倒れこんだ私を見て、お客さんはちょっと心配そうな顔をしていましたorz

もちろん服は泥だらけ。

現場用の作業着だったのでまあよかったんですけどね。

そのあとお客さんから「大丈夫か?」と言われたのは言うまでもありません(-_-;)



特にけがもなくそのまま仕事した

壮大に転んでしまった私でしたが、怪我をすることもなくそのまますくっとたちあがりまして。

痛みはありましたが、大事には至らず。

お客さんにも心配されたりもしましたが、その後普通に仕事をこなしていくことになりました。

まあ何と言いますか、恥ずかしさもありながらの仕事でありましたね(笑)

泥んこになったまま仕事をするのも、またあまりない経験。

困ったのは帰りの車にどう乗るか?ということでしたけどねorz

 

その後笑い話としてお客さんのいいネタになった

当日はそれほどではありませんでしたが・・・。

この話はその後お客さんと私の間で、鉄板の笑いネタとして扱われていくことになりました。

「あの時きれいに転んでたよねw」

まあそんなこんなで笑いが取れてなんとやら・・・。

楽しんでいただけたのならよかったです!

そんな心境でもありました。

こうして過去の話を笑い話にされるなんてのも、よくあることですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました