インターネットエクスプローラー(IE)2022年6月でサポート終了!

パソコン関連
Pocket

IE(インターネットエクスプローラー)

インターネットエクスプローラー(IE)というものをご存じでしょうか?

かつては一世を風靡したパソコンのソフトの一つ。

インターネットをするためのウェブブラウザのソフトとして知られています。

インターネットをするのに必要なソフト。

今ではエッジやFireFox、Google Chromeなどがありますが、インターネット黎明期から使われてきたソフトの一つです。

マイクロソフト社のソフトの一つとなっており、エッジはその後継ソフト。

インターネット黎明期からある、歴史もあるソフトとなっています。

 

2022年6月でサポートが終了する

以前からマイクロソフトにより周知されていたのですが、2022年6月にこのインターネットエクスプローラーのサポートが終了します。

長年ウェブブラウザとして使用されてきたIE。

それも終了するということで、パソコン界隈ではちょっとしたニュースとなっていましたね。

サポートが終了すれば、アップデートが行われることなく、今後は利用をしないでほしいというメーカーからのメッセージ。

後継のエッジ(Edge)もあり、マイクロソフトとしては、IEの使用はやめてEdgeへ移行してほしいとメッセージを発し続けていました。



Windowsに標準搭載され一気に広がった利用と終焉

IEといえば、WindowsOSに標準搭載されていたウェブブラウザとしても知られていました。

故に、そのままIEを使ってインターネットをするというユーザーも多く、こうして多くのユーザーを獲得してきた経緯があるんですよね。

Windwsのパソコンを買うと、IEがもうすでに入っている。

その状態で使えるのですから、わざわざ他の物をダウンロードしてまで使うか?って話でありまして。

そこまでする人はごく少数、大抵の人はそのまま使っていたので広がっていた感じです。

 

Edgeや他のウェブブラウザソフトに押されて近年は利用者が激減

後継ソフトであるEdgeが登場し、Windowsの標準搭載もIEからEdgeへと変わりました。

それ以外にもGoogleがサービスをしているGoogle Chromeなどの台頭もあり、IEユーザーはどんどん数を減らしていました。

ウェブブラウザソフトも、ユーザーが色んなものの中から選んでいく。

そんな時代となっていますね。

もはやIE、そしてマイクロソフト1強の時代ではなくなった。

全体の使用割合で言えば、IEを利用している人はごくわずかといわれる時代となりました。



セキュリティ性に問題を抱えているといわれ続けていたIE

IEはセキュリティ性に問題があると指摘されていたソフトでもありました。

インターネットでは、インターネットバンキングのようにお金のやり取りをしたりクレジットカード決済をしたりすることがあります。

そうしたものが狙われることもあり、実際に事件にまで発展した例も。

古いソフトであるため、規格そのものが古臭いものであるということも終了する1つの原因となったことでしょう。

マイクロソフトとしても対応しきれなくなったため、後継の全く新しいEdgeを投入したりということにつながったのかなと。

技術的な問題も背景にあるといわれていますね。

 

IEを利用している方は、他のブラウザへ移行するのがおすすめ

IEを利用している方がまだいらっしゃれば、これを機に違うウェブブラウザソフトへの移行がおすすめです。

マイクロソフトが提供している「Edge」、Googleが提供している「Google Chrome」、Mozillaが提供している「Firefox」

この辺が有名で使っている人が多いでしょうか。

私はGoogleのChromeと、Firefoxを使っています。

デバイスにより違っている感じ。

どちらも使い勝手もよく、使用していてストレスを感じるようなこともありません。

こうして有名だったソフトが無くなっていくのも、また時代の流れですね。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました