ETCを名乗る「ETCパーソナルカードWebサービス」にご注意を

注意喚起
Pocket

ETCを名乗る不審なメールが出回っています

今回はETCを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「ETCパーソナルカードWebサービス」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文を見てみましょう。

転記開始

件名:ETCパーソナルカードWebサービス

あなたのアカウントは停止されました

ETCサービスをご利用いただきありがとうございます ETCサービスは無効になりました。引き続きサービスをご利用いただきたい場合は、下記リンクより詳細をご確認ください。  ご不便とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが.何とぞご理解賜りたくお願い申しあげます。

確認用アカウント(リンク)

なお、24時間以内にご確認できない場合、誠に勝手ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

お客様のセキュリティは弊社にとって非常に重要なものでこさいます.ご理解の程、よろしくお願い申し上げます. 受付日を含め2日間以内に本登録の手続きを行ってください。

 

■ 注意事項
━━━━━━━

本メールがご自身宛でない場合、他の方が誤って同じメールアドレスを登録したものと考えられます。
お心当たりのない方は、お手数ですがメール本文を削除くださいますようお願いいたします。(リンク)

※本メールへの返信によるご質問にはご回答できません。(リンク)

━━━━━━━
■発行者
━━━━━━━
ETC利用照会サービス事務局
East Nippon Expressway Company Limited,Metropolitan Expressway Company Limited.




怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスは、ETCサービスに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

何で知ってるの?って話になります(笑)

そもそもETC関連に今回受信したメールアドレスを教えたことはありません。

ということは、本人が承知していない方法でメールアドレスを収集しているということになりましてね。

そんなメールアドレスの取得方法をETCサービス関連の会社がするでしょうかね。

私はしないと思いますけどね~。

まず最初の怪しいポイントはこうした内容となりました。

 

怪しいポイント② メールの内容が嘘

怪しいポイントの2点目として、メール本文を見てみたいと思います。

メール本文にはこんな記述がありました。

「ETCサービスをご利用いただきありがとうございます ETCサービスは無効になりました。」

個人的な感覚で言うと、いきなり無効なんて言われました(笑)

ほうほうそうですか・・・ということで、実際本当に無効となっているかどうかを確かめてみることにしました。

件名がWebサービスとなっているので、Webのサービスを利用してみることに。

するとこれが見事に使えました(笑)

メールでは無効になっていると言っています。

が、実際は普通に使えるんです。

これはどういうことでしょうかね~、そもそも登録していないメールアドレスですからね。

怪しいポイントの2点目は、こうしてメールの内容が嘘ということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものが存在していません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないということです。

これはインターネットの仕様であり、常識です。

そこでこの法則を利用し、メールに貼付されていたリンク先URLが公式サイトかどうかを確認してみました。

公式サイトであれば、公式サイトのURLの文字列が含まれているはずです。

これら2つのURLを比較してみたところ、全く違っていることが判明!

これはもう決定的に怪しいポイントということができるでしょう。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信

2.メールの内容が嘘

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違う

以上3点、どれをとっても怪しいポイントになっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました