メールをご確認ください!を名乗る「このメールを大切にしてください。」にご注意を

メールをご確認ください!を名乗る「このメールを大切にしてください。」にご注意を

Pocket

メールをご確認ください!を名乗る不審なメールが出回っています

今回はメールをご確認ください!と名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「このメールを大切にしてください。」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:このメールを大切にしてください。

どうも、こんにちは。
まずは自己紹介をさせていただきますね。私はプロのプログラマーで、自由時間ではハッキングを専門にしております。
今回残念なことに、貴方は私の次の被害者となり、貴方のオペレーティングシステムとデバイスに私はハッキングいたしました。

数ヶ月間、貴方を観察してきました。
端的に申し上げますと、貴方がお気に入りのアダルトサイトに訪問している間に、貴方のデバイスが私のウイルスに感染したのです。

このような状況に疎い方もいらっしゃいますので、より細かく現状を説明いたします。
トロイの木馬により、貴方のデバイスへのフルアクセスとコントロールを私は獲得しています。
よって、貴方の画面にあるもの全てを閲覧、アクセスすることができ、カメラやマイクのON/OFFや、他の様々なことを貴方が知らない間に行うことが可能です。

その上、貴方のソーシャルネットワークやデバイス内の連絡先全てにもアクセスを行いました。

なぜ今までウイルス対策ソフトが全く悪質なソフトウェアを検出しなかったんだろうとお考えではないかと思います。

実は、私のスパイウェアは特別なドライバを利用しており、頻繁に署名が書き換えられるため、貴方のウイルス対策ソフトでは捕らえられなかったのです。

画面の左側では貴方がご自分を楽しませている様子、そして右側ではその時に視聴されていたポルノ動画を表示するようなビデオクリップを作成いたしました。
マウスを数回クリックするだけで、あなたの連絡先やソーシャルメディアのお友達全員に転送することができます。
この動画を公開アクセスのオンラインプラットフォームにアップロードしたら貴方は驚くかもしれませんね。

朗報は、まだ抑止することができることです。
ただ 18万円 相当のビットコインを私のBTCウォレットに送金いただくだけで止められます(方法がわからない方は、オンライン検索すれば、段階ごとに方法を説明した記事が沢山見つけられるはずです)。

私のビットコインウォレット(BTC Wallet): 3ERJiHxjdNKMhBa2GoyQjqyUkgusqYqtDi

貴方の入金が確認できるとすぐに、卑猥な動画はすぐに削除し今後私から2度と連絡がないことを約束します。
この支払いを完了させるために48時間(きっちり2日間)の猶予がございます。
このメールを開くと既読通知は自動的に私に送られるため、その時点でタイマーは自動的にカウントを開始します。

送金できない場合はメールにてお問い合わせください。

このメールを誰かに転送しようとしていることが分かると、すぐに貴方の卑猥な動画を公開させます。

合理的に考えて、バカな真似はこれ以上しないでください。わかりやすい説明を段階を踏んでお伝えをしたつもりです。今貴方がすべきことは私の指示に従って、この不快な状況を取り除くことです。

ありがとうございます。幸運を祈ります。

転記終了



怪しいポイント① パソコンにカメラがついていない

さて、ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まずメール本文を見てみるとこんな記述があります。

「画面の左側では貴方がご自分を楽しませている様子、そして右側ではその時に視聴されていたポルノ動画を表示するようなビデオクリップを作成いたしました。」

カメラがついていないパソコンなのに、どうやって動画を撮れるんでしょうかね~。

意味不明ですし、物理的にあり得ません。

パソコンの中で起きていることならわかりますが、パソコンの外で起きている映像を撮るにはカメラが必要です。

物理的にあり得ない内容、それが1つ目の怪しいポイントです。

 

怪しいポイント② ポルノ動画を見ていない(笑)

怪しいポイントの1つ目と重なるのですが、今回受信したメールアドレスを使っているパソコンは仕事で使っているパソコンでもあります。

そんなパソコンでポルノ動画なんてみるはずもない(笑)

もしウイルスなどに感染してしまったらいろいろ問題がありますからね~。

そうしたサイトを見るとしたら、個人で所有しているもので閲覧するでしょう。

ばれてもいやですしね。

なのでメールに書かれていることが自体、身に覚えもなければあり得ない内容なのです。

これが怪しいポイントの2点目、メールの内容が事実無根ということです。



怪しいポイント③ 同じようなメールが時々届く

怪しいポイントの3つ目として、同じようなメールが時々届くことが挙げられます。

件名や送り主は違えど、メールの内容はほぼ一緒。

同じ人が件名やアドレスを変えながら送ってきているんだろうなあと思います。

何度やったって引っかかるわけないのにね(笑)

無駄な努力だよと伝えてあげたいところではありますが、それも無意味でしょう。

 

怪しいポイント④ 放置しても何も被害が確認できない

2日以内に入金しろと指示がされているメールですが、このメールを無視してみました。

放置して1週間以上経ちますが、特に何も被害が確認できていません。

結局今までもそうでしたが、ありもしないことをでっちあげて脅してきているだけの低俗なメールなのでしょう。

バカなことを考えずに云々とかかれていますが、その言葉をそのままお返ししたいと思います。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは4点ありました。

1.カメラがついていないのに動画を撮ったという物理的にあり得ない内容

2.ポルノ動画を閲覧していないのに閲覧していたという事実無根の内容

3.同じようなメールが時々受信していること

4.放置しても何も被害が確認できない

以上4点、どれをとっても怪しさ満点となっていますね。

 

入金しない!

こうしたメールの目的は、メールにも書かれている通りビットコイン入手目的です。

あわてず騒がず、すぐ入金することは避けましょう。

場合によっては警察に相談してもいいと思います。

ハッカーだと名乗っている限り、向こうは犯罪者。

犯罪者の捜査は警察に任せてしまえばいいのです。

ありもしない事実をでっちあげようとしているのですから、無視でもいいと思いますけどね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です