三菱UFJニコス銀行を名乗る「·【最終警告】DCカードからの緊急の連絡」にご注意を

注意喚起
Pocket

三菱UFJニコス銀行を名乗る不審なメールが出回っています

今回は三菱UFJニコス銀行を名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「·【最終警告】DCカードからの緊急の連絡」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文です。

転記開始

件名:·【最終警告】DCカードからの緊急の連絡

【三菱UFJニコス銀行】利用いただき、ありがとうございます。

このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、サービスのご利用を一部制限させていただき、お客様のアカウントのに登録された電話番号にご連絡いたしましたが、お客様に連絡を取ることができませんでした.ご連絡させていただきました。

ご回答をいただけない場合、サービスのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。

ご利用確認はこちら(リンク)

 

■ 注意事項

 

※カードの個人情報によっては電話で連絡する場合もございます。

 

※正確な情報は必ず記入してください。

■発行者

 

三菱UFJニコス銀行

【お問い合わせ先】
三菱UFJ銀行インターネットバンキングヘルプデスク
0120-544-555 または042-311-7000(通話料有料)
受付時間/毎日9:00~21:00
〒東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX

Copyright (C) Mitsubishi UFJ NICOS Co.,Ltd. All Rightshqziccks Reserved.

転記終了



怪しいポイント① 三菱UFJニコス銀行を利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず第一に、私は三菱UFJニコス銀行のサービスを利用していません。

もっと大きく三菱系のサービスを利用していないんですよね。

ということで、これは利用していないサービスからのメールということになります。

おかしいですよね、利用していないサービスからメールが来るなんて。

なぜメールアドレスを知っているのか?というところから怪しさ満点、気持ち悪さ満点です。

そもそもメールアドレスを教えていないので、本人が承知していない方法でメールアドレスを取得しているということになります。

そうした方法で銀行がメールアドレスを取得するでしょうかね~。

まあしませんよね、信用第一ですからまずないと思います。

これが怪しいポイントの1点目。

 

怪しいポイント② 存在しないアカウントのサービスを制限するという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文を見てみたいと思います。

メール本文では、こんな記述がありました。

「このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、サービスのご利用を一部制限させていただき、お客様のアカウントのに登録された電話番号にご連絡いたしましたが、お客様に連絡を取ることができませんでした.ご連絡させていただきました。」

具体的に何を?という記述がないのですが、本人の利用かどうかを確認させていただきたい取引があり、アカウントのサービスを一部制限させてもらうということでした。

しかしおかしいんですよね。

私はサービスを利用していないのです。

ということはアカウントも存在していませんし、取引ができるようなものも存在していないのです。

それを踏まえてメール本文を見てみると

「存在しないカードや口座で本人の利用かどうかを確認したい取引があり、存在しないアカウントの利用制限をする」

ということになります。

ありえませんよね~。

存在しないカードや口座を利用することはできませんし、存在しないアカウントを一部利用制限することもできません。

物理的に存在しないんですからね。

怪しいポイントの2点目は、こうしたあり得ない内容となりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないのです。

これはインターネットのルールであり、全世界共通です。

そこで、この法則を利用しメールに貼付されていたリンク先URLが公式サイトのURLかどうかを確認してみたいと思います。

公式サイトであれば、公式サイトのURLの文字列がはいっているでしょうからね。

2つのURLを比較してみた結果、これらが全く違っていることが判明!

これはもう決定的なポイントになりましたね。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスからのメールだった

2.物理的にあり得ない内容のメールだった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントになっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました