アカウント情報を更新してくださいを名乗る「【Amazonプライム】会員資格は取り消されます。」にご注意を

amazonプライムメール 注意喚起
Pocket

アカウントを更新してくださいを名乗る不審なメールが出回っています。

今回はアカウントを更新してくださいを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「【Amazonプライム】会員資格は取り消されます。」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文を見ていきましょう。

転記開始

件名:【Amazonプライム】会員資格は取り消されます。

プライムをご利用いただきありがとうございます。  Primeの会費のお支払いにご指定いただいたお客様のお支払い方法が承認されないため Primeの会費(税込510円) をご請求することができませんでした。    現在、ᴀmazonプライム会員の特典はご利用いただけません。   3日以内にお支払方法を更新いただけない場合は、 お客様のᴀmazonプライム会員資格はキャンセルされます。    引き続きᴀmazonプライムの特典をご利用されたい場合、 お支払い方法を更新するには、以下のリンクをクリックしてください。

会員 ログイン (リンク)

注意
確認には最大48時間(場合によってはそれ以上)かかることがあります。
お使いの携帯電話が当社のウェブサイトにアクセスできない場合は、「ブラウザで開く」を選択してください。
このメールは、受信メールを受け入れることができない通知専用アドレスから送信されました。このメッセージには返信しないでください。

転記終了



怪しいポイント① Amazonに登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはAmazonに登録していないメールアドレスです

登録していないメールアドレスにこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね~。

登録していないんですから、何で知っているの?って話でもありまして。

しかもこの間、登録しているメールアドレス宛には、本物のAmazonからメールが送られてきているんですよね。

どちらが本物かは、火を見るよりも明らか。

そもそも登録していなメールアドレスを知っているということで、本人が承知していない方法でメールアドレスを取得しているということになります。

Amazonほどの大企業がこうした方法でメールアドレスを取得するとは思えませんね。

まず最初の怪しいポイントは、こうした内容となりました。

 

怪しいポイント② 会員資格がキャンセルされるという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文を見てみたいと思います。

メール本文ではこんな記述がありました。

「3日以内にお支払方法を更新いただけない場合は、 お客様のᴀmazonプライム会員資格はキャンセルされます。 」

3日以内に支払方法を更新しないと、Amazonのプライム会員資格がキャンセルされるという内容ですね。

ではこれが本当ならやってもらおう!ということで、3日以上放置。

これでメールが本当であればAmazonのプライム会員資格がなくなるはずです。

3日以上経過後。

実際にAmazonにログイン!

プライム資格について確認してみると、会員資格はそのまま継続していました。

メールに書かれているような結果にはならないんですよね~。

怪しいポイントの2点目は、メールに書かれているようなことが起きないということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

これはインターネットのルールであり、全世界共通です。

そこで、この仕様を利用して、メールに貼付されていたリンク先URLが公式サイトかどうかを確認してみたいと思います。

公式サイトであれば、公式サイトのURLの文字列が入っているでしょうからね。

2つのURLを比較してみたところ、これらが全く違っていることが判明!

これはもう決定的なポイントになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.Amazonに登録していないメールアドレスで受信

2.メールに書かれていることが実際には起きない

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違う

以上3点、どれをとっても怪しいポイントとなりましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました