JRを名乗る「【えきねっと】確認された情報」というメールにご注意を

注意喚起
Pocket

JRを名乗る不審なメールが出回っています

今回はJRを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「【えきねっと】確認された情報」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:【えきねっと】確認された情報

【えきねっと】:

日頃より「えきねっと」をご利用いただきありがとうございます。

最近、我々のリスク管理システムは、あなたのアカウントが遠隔地にログインしていることを発見し、

あなたのアカウントの安全のため、私たちはあなたのアカウントの使用を制限しています。

下のリンクをクリックして制限を解除してください

【確認された情報】(リンク)

制限を解除する前に認証してください。必要に応じて、会社に行って制限を解除してください。
期限がある場合は注意してください。を超えた場合は、司法当局にアカウント情報を整理します。
ご不便をおかけして申し訳ございません。
———————————————

お問い

お心当たりのない方は、誠に恐れ入りますがこのメールの削除をお願いいたします。
ご不明な点のある方は、えきねっとサポートセンターまでご連絡ください。

合わせ先
えきねっとサポートセンター
TEL 050-2016-5000
受付時間 8時00分~22時00分
サイト運営・管理
JR東日本ネットステーション
——————–

このメールは「えきねっと」より自動配信されています。
返信いただきましても対応致しかねますので、あらかじめご了承ください。

転記終了



怪しいポイント① えきねっとのサービスを利用していない

ここからはこのメールで怪しいと思ったポイントを見ていきたいと思います。

まず最初に、私はえきねっとのサービスを利用していません。

えきねっとを利用していないということで、えきねっとからメールが送られてくること自体おかしいのです。

営業メールならまだわかります。

がしかし、内容を見てみると営業メールではなく利用に関する内容となっています。

これはあり得ない。

利用していないのですから。

そもそもメールアドレスをなぜ知っているのか?というところも疑問に思う所。

登録をしたことがありませんから、知っているのもおかしい。

私は電車なんてほぼ使っていない状況がもう数年続いていますからね。

お門違いもいい所です。

 

怪しいポイント② アカウントの使用を制限するという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文を見てみたいと思います。

メール本文ではあなたのアカウントが遠隔地にログインしていることを発見し、あなたのアカウントの安全のため、私たちはあなたのアカウントの使用を制限しています。」とあります。

アカウントに不正ログインされた形跡があり、アカウントを制限したということのようですね。

がしかし、私はサービスそのものを利用していないので、アカウントがありません。

その存在しないアカウントに不正だろうと不正じゃなかろうとログインすることはできないですよね。

アカウントがないんですから。

そもそもがあり得ないところからスタートしているメールなので、どんな風に言葉を並べ立てたとしても結局はあり得ないねで終わってしまいます。

非常に残念な内容となっており、すぐに怪しいとわかるメールになっていると思います。



怪しいポイント③ リンク先URLと公式サイトのURLが違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみましょう。

サイトのURLは、世界に2つと同じものが存在していません。

ドメイン(サイトのURL)を取得したことがある方はお分かりだと思いますが、同じアドレスを取得しようとしてもそれはできないんですよね。

故に、どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないということになります。

では実際どうなのか?ということで、メールに貼付されていたリンク先URLと公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが違っていることが判明!

これはどういうことかというと・・・公式サイトではないということです。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3点ありました。

1.利用していないえきねっとのサービスからのメールだった

2.物理的にあり得ない内容が書かれている内容だった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

どれも怪しさ満点のメールとなっていましたね!

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました