喫煙所も次々と無くなり愛煙家の方は中々苦労されているようで

喫煙所 仕事
Pocket

愛煙家

先日仕事の関係で、とあるお客さんとお会いする機会がありましてね。

そのお客さんは愛煙家であり、喫煙をされる方でありました。

タバコは有害であると謳われて、法律も整備されたことにより喫煙者の方々にとってはだんだんと肩身が狭い思いをするようになっているようで。

そんな愚痴っぽい話も聞かせていただく機会になりました。

昔は色んな所で吸えたタバコ。

今ではあり得ませんが、駅のホーム、新幹線、飛行機の中などなど、様々なところで喫煙ができていたんだとか。

今となってはそんなものは都市伝説であろう・・・と思うくらいに。

 

今はオフィスでは禁煙が当たり前に

そんな話の一環で、オフィスでの喫煙の話になりましてね。

今はオフィス自体が禁煙となっているところがほとんどで、ビル全体が禁煙となっているところも少なくありません。

工場でもそれは同じのようで、工場内禁煙なんてのもよく見ますね。

病院もそうで、敷地内禁煙は当たり前。

しかし昔はオフィス内でも室内でパカパカ吸っていたんだとか。

中々衝撃的で今では考えられない世界です(笑)

喫煙所ではなく、オフィスの自分の席で吸っていたというのですから、驚きですよね。

そんな環境で仕事をしてきた人たちにとっては、今は非常に窮屈な思いをしているのでしょう。



禁煙場所が増えただけでなく、喫煙所も消えていっている

建物の中が禁煙になっていくと、喫煙者の人たちは外へ出ていきます。

外には喫煙者の方々がタバコを吸えるように、喫煙所が設けられ。

そんな展開が当初はされていたそうですが・・・。

最近ではその喫煙所さえも撤去されていっており、だんだんと喫煙できるスペースが減っています。

私も先日秋葉原へ行ったのですが、駅付近にあった喫煙所が撤去されているのを確認しました。

 

タバコはやめろという風潮ですね

世間の流れ、時代の流れとしてはタバコは他人にも害を及ぼすのだからやめろという風潮です。

そしてそこには自分にも害があるんだぞ!

そうしたメッセージが添えられているようにも思います。

タバコの箱には、病気になるリスクが高くなりますという警告も書かれており、そうした文言も禁煙に向けたメッセージ。

現にタバコを吸う人は年々減っていっているように感じるところもあります。

今まで吸っていた人が「たばこ辞めたんだ」と教えてくれることもしばしば。

タバコそのものも近年は値上げ傾向ですので、健康面からだけでなく経済面からも厳しくなっていることがうかがえます。



電子タバコならOKという所も

現在のたばこには2種類あるようで、昔からある紙タバコと最近出てきた電子タバコに分けられているんだとか。

紙タバコは昔からあるたばこなので皆さんなじみのあるものかと思いますが、電子タバコは最近出てきたものなのでよくわかりませんよね。

私もその一人(笑)

そうした種類の違いで、吸えるところと吸えないところがあるようで。

電子タバコであればOKという所があるようです。

しかし今後を考えると、この電子タバコもダメになっていくんでしょうね。

 

いずれは吸う人がほとんどいなくなるのではないかと思う

タバコの規制は年々厳しくなっている印象があります。

今後もこの傾向は変わることなく、だんだんと厳しくなり吸える場所も減っていくことでしょう。

健康面を考えればそれが一番いいのかもしれませんね。

家庭の経済面を考えてもいいことだと思いますが、たばこ産業で食べている方々は今後どうなるのか。

そんなことがちょっと心配になるところでもあります。

今のうちに業種転換を図りながら会社を残していく。

そんな流れになるのでしょうかね・・・。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました