NTT Docomoを名乗る「あなたのアカウントは停止されました」にご注意を!

注意喚起
Pocket

NTT Docomoを名乗る不審なメールが出回っています

今回はNTT Docomoを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「あなたのアカウントは停止されました」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:あなたのアカウントは停止されました

※N T Tサービスをご利用いただきありがとうございます。

  • 本人確認手続専用のURLをご連絡いたします。
  • 引き続き下記URLより必要事項の入力をお願いいたします。

→ご変更はこちらから (リンク)

  • ※第三者による不正利用の試みを検知する。暗証番号の再設定が必要。
  • ※メールを受け取ったお客さま専用のページです。ほかのお客さまはご利用いただけません。なお、72時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

————————————-

本メールがご自身宛でない場合、他の方が誤って同じメールアドレスを登録したものと考えられます。お心当たりのない方は、お手数ですがメール本文を削除くださいますようお願いいたします。

————————————-

※ ほんにん本人かくにん確認のために、ユーザーID、とーろく登録メールアドレス、カードばんごー番号などのじょーほー情報をよーい用意してください。

※本メールへの返信によるご質問にはご回答できません。

  • ※パスワードをメモしたものを、第三者に見られる場所に貼らないようにしましょう。

━━━━━━━ ■発行者 ━━━━━━━

© NTT DoCoMo, INC. All Rights Reserved.

  • よくあるご質問(FAQ)(リンク)
  • お知らせ(リンク)
  • 企業情報(リンク)
  • 法人のお客さま(リンク)

あなたと世界を変えていく。

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスは、登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

今回受信したメールアドレスは、パソコンで使っているメールアドレス。

本物のDocomoであればスマートフォンの方に送ってくるのが普通。

現に本物のDocomoからは、スマートフォンの方にメールが来ていますからね。

これはどういうことでしょうか?

非常に怪しく感じるポイントの一つとなりました。

 

怪しいポイント② おかしなメール本文

怪しいポイントの2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メール本文ではこんな記述がありました。

「ほんにん本人かくにん確認のために、ユーザーID、とーろく登録メールアドレス、カードばんごー番号などのじょーほー情報をよーい用意してください。」

・・・。

ふざけてるのか!と思うような記述。

平仮名と漢字を交互に書いて、何を書いているんだ・・・と思ってしまいます。

天下のNTT Docomoさんが、こんなメール送りますかね?

ビジネスメールなのに、こんなふざけたような書き方はまずしないと思いますけどね・・・。

これも怪しく感じたポイントになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLと公式サイトのURLが違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、メールに貼付されていたリンク先URLと公式サイトのURLを比較してみることにしました。

すると、これが見事に違っていることが判明!

これはもう決定的に怪しいと言える内容となりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3点ありました。

1.登録していないメールアドレスに送られてきた

2.メール本文の文章がおかしい

3.リンク先URLと公式サイトのURLが違う

以上3点、どれをとっても怪しいポイントと言えますね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました