Amazon.co.jpを名乗る「Amazon アカウントが制限されています、支払い情報の復旧」にご注意を

注意喚起
Pocket

Amazon.co.jpを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmazon.co.jpを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「Amazon アカウントが制限されています、支払い情報の復旧」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:Amazon アカウントが制限されています、支払い情報の復旧

メールアドレスお客様

Аmazon に登録いただいたお客様に、Аmazon アカウントの情報更新をお届けします。
残念ながら、Аmazon のアカウントを更新できませんでした。

今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。
アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Аmazon アカウントの 情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

会員情報の管理ページで確認(リンク)

Аmazon ログイン なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。
アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ: Amazonカスタマーサービス。

Amazon.co.jp  カスタマーサービス

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからは、このメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはAmazonに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

しかもこの間、登録しているメールアドレスには本物のAmazonからメールが送られてきています。

これはどういうことでしょうかね。

そもそも登録していないアドレスに送ってきていますが、このメールアドレスをどうやって入手したんでしょうか?

そんなことを考えても気持ち悪いですし、怪しく思うポイントになります。

 

怪しいポイント② メールの内容が嘘

怪しいポイントの2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メール本文には「カード情報を更新できませんでした」とあります。

それが事実かどうか確かめるため、公式のAmazonのサイトにログイン。

するとカード情報はちゃんと登録されたままとなっていました。

買い物なども普通にできます。

ということは、このメールに書かれている内容は嘘ということになりますね。

これが怪しいポイントの2点目です。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3つ目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、メールに貼付されていたリンク先URLと、公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが見事に違っていることが判明!

これはもう決定的な怪しいポイントとなりましたね。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信した

2.メールの内容が嘘だった

3.リンク先URLと公式サイトのURLが違った

どれをとっても本物ではあり得ないような内容となっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました