「お支払い待ち」という件名のメールにご注意を!

注意喚起
Pocket

「お支払い待ち」という件名のメールが出回っています

今回は「お支払い待ち」という件名の怪しいメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:お支払い待ち

こんにちは! 遺憾ながら、残念なお知らせがあります。 2ヶ月前から、貴方がインターネットをブラウズする際に利用している電子デバイス全てにアクセスし、それ以降、貴方のウェブ上での行動を監視しております。そして今日は、貴方の身に起きている下記のことを暴露しましょう。 貴方のEメールサービスで偽装ウェブサイトを作成し承認の招待状をお送りしたところ、貴方はご自身のメールアドレスと現在のパスワードで入られました。 そうして私は貴方のログイン承認情報を取得し、検出されることなく貴方の電子メールを使い始めました。 その後、貴方のデバイスのオペレーションシステムにトロイの木馬を簡単にインストールしました。 (貴方のメール内に私が作成したフィッシングレターの1つをご自身で開封し、インストールされたんですよ。) このウイルスは貴方のデバイスの全て(カメラ、マイク、キーボード等)のコントロールへのアクセスを提供しています。 また、写真、動画、ソーシャルネットワークの承認情報、チャット、連絡先を含む全ての貴方のデータも保存済みです。 このマルウェアは頻繁に更新されるため、様々なサービスやシステムアドミニストレーターで検証されることは、ほぼ不可能です。 だから、非常に長い間貴方が私の存在に気がつくことはなかったのです。 近頃、貴方がポルノの大ファンで「アダルト動画」鑑賞を楽しんでいることを知りました。 意味はお分かりですよね・・・貴方が勢いよく射精するいくつかのクリップを編集して、マスタベーション中に閲覧していらっしゃった動画を組み合わせることにしました。 数回マウスをクリックするだけで、とても簡単にこの興味深いビデオを貴方の連絡先、お友達、親戚全員に送信したり、ウェブ上に単に投稿できたりすることはもうお分かりでしょう。 私が想像するに、貴方はこの状況を回避したいと思っているのではないでしょうか。これは貴方にとって本当に恥ずべき悲劇的なことになるかもしれませんからね。 さて貴方はとてもまともで正直な人のようなので、このような状況に追い込みたくはありません。 なので、下記のような取引をしませんか。 1450 USD相当のBitcoinを私に送金していただき、送金を受け取るとすぐに私は貴方に関する全てを削除しましょう。 私は貴方と貴方のファイルに今まで2ヶ月間も費やしてきたので、この金額は私にとっては小鳥の餌のようなものであることはご理解くださいね! Bitcoinの購入や送金方法が分からなければ、検索エンジン(Googleで大丈夫です)を利用するだけで分かるはずです。 私のBitcoinウォレットは下記の通りです。: 1FeY81x2iRLxfAZUKaybV7YvDuA7dB9VgK 送金いただくまでに48時間の猶予を与えましょう。 意味がないので、私のメールには返信しないでください。このレターは貴方のメール内で作成していますし、単一の電子メールデータベースから取得した返信アドレスを利用しています。 他者に助けを求めるのも、このメールは追跡不可能ですし、Bitcoin取引は常に匿名のため、意味がありません。全ては慎重に計画されています。 私はあなたの全てのチャットを監視し、あなたの電話を盗聴し、あなたをスパイしていますので、このレターについて誰かに話したことを私が感知すると、問題のビデオはすぐにウェブ上に共有されます! このレターが開封されると同時に私は通知を受信し、カウントダウンが始まります。 ご幸運を祈ります。 今後またこのようなフィッシングに引っかからないようにしてくださいね!

転記終了



怪しいポイント① ハッキングされた形跡がない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず1点目は、メールに書かれているデバイスにアクセスしたという点。

デバイスとはパソコンなどを指しているのだと思いますが、アクセスされたような形跡は一切ありません。

本文中ではアクセスしたと言っていますが、その証拠がどこを見てもないんですよね。

例えばわかりやすく「〇〇というファイルを〇月〇日〇時に生成しました」とか、「あなたのデバイスのMacアドレスは〇〇です」など。

ただただ文章だけでアクセスしたと言っているだけで、その形跡をこちらで確認することができません。

言っているだけかもしれない、物理的な証拠がないことが怪しいポイントの1点目です。

本当にアクセスしたなら、そうした形跡を残しておいてほら危ないでしょ?ってやった方が信じると思うんですがね。

アクセスしていないからできないのでしょう。

 

怪しいポイント② 物理的にあり得ない内容

怪しいポイントの2点目として、再びメール内容を見てみます。

メールでは私の事を撮影したというようなことが書かれています。

しかしですね、今回受信したメールアドレスを使用しているデバイスはカメラが物理的についていません。

物理的に映像を撮影することができないデバイスなのに、どうやって撮影したんでしょうかね?

あくまでもハッキングして撮影したということなので、盗撮ではないようですが・・・。

また、このデバイスではそうしたサイトを閲覧した事実もありません。

あり得ないような内容ばかりを書いているメールと言えます。



怪しいポイント③ 48時間以上経過しても何も被害が確認できない

怪しいポイントの3点目として、またしても本文を見てみましょう。

本文内では48時間以内に行動を起こさなければ、動画を公開するとあります。

勝手にしたらいいと思います(笑)

そんな事実はないわけでありますから。

今までのところ、何も被害は確認できていません。

それもそのはず、動画なんぞ存在していないはずですし、撮影機材だってないんですからね。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.メールに書かれている内容を裏付けるものが何もない

2.物理的にあり得ない内容となっている

3.何も被害を確認できない

どれをとっても空想の話の域を出ていませんね。

 

お金は払わない!

不安をあおるような内容となっていますが、こうしたものにはお金を払わないことが大事です。

場合によっては警察に相談してもいいでしょう。

自分に身に覚えがない場合はなおさらですね。

もちろん、私もお金などは一切払うつもりはありません。

気を付けたいメールとなっていましたね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました