ETCマイレージサービスを名乗る「ETCサービスは無効になりました。」にご注意を

ETCマイレージサービスを名乗る「ETCサービスは無効になりました。」にご注意を

Pocket

ETCマイレージサービスを名乗る不審なメールが出回っています

今回はETCマイレージサービスを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「ETCサービスは無効になりました。」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:ETCサービスは無効になりました。

ETCサービスをご利用のお客様:

ETCサービスは無効になりました。

引き続きサービスをご利用いただきたい場合は、下記リンクより詳細をご確認ください。

下記の接続から停止原因を確認してください

リンク

(直接アクセスできない場合は、手動でブラウザにコピーして開いてください)

※このメールは送信専用です。

このアドレスに送信いただいても返信いたしかねますので、あらかじめご了承願います。

※なお、ご不明な点につきましては、お手数ですが、ETCサービス事務局にお問い合わせください。

■ETC利用照会サービス事務局

年中無休9:00-18:00

ナビダイヤル

(ナビダイヤルがご利用いただけないお客さま )

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはETCマイレージサービスに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスで受信するのはおかしいですよね。

いきなりこんなものを送られてきても、何なんだかと思います。

そもそも登録していないのですから、このメールアドレスをどこで入手したのか?という話にもなります。

そう考えると、それも怪しく感じてしまうポイントの1つかもしれませんね。

 

怪しいポイント② メールの内容が嘘

怪しいポイントの2点目として、メール本文に注目してみたいと思います。

メール本文にこんな記述がありました。

ETCサービスは無効になりました。」

どうやらETCサービスが利用できなくなったと言いたいようです。

しかしながら、高速道路を使う用事があったので、ETCを使ってみると・・・これが見事に使えます(笑)

なんだ、メールの説明は嘘じゃん・・・。

ということで、怪しいポイントの2点目はメールの内容が嘘ということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3つ目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、貼付されていたリンク先URLと、公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが全く違っていることが判明。

これはもう偽物であると言ってもいいでしょう。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入ります。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信

2.メールの内容が嘘

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違う

以上3点、どれをとっても怪しさが目立つ内容となっていますね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です