ジャックスカードを名乗る「<重要><JACCS>本人情報緊急確認」にご注意を

ジャックスカードを名乗る「<重要><JACCS>本人情報緊急確認」にご注意を

Pocket

ジャックスカードを名乗る怪しいメールが出回っています

今回はジャックスカードを名乗る怪しいメールを受信しましたので、公開させていただこうと思います。

件名は「<重要><JACCS>本人情報緊急確認」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください。

 

メール本文

それでは、本文を見ていきたいと思います。

転記開始

件名:<重要><JACCS>本人情報緊急確認

JACCS お客様

残念ながら、私たちはあなたのアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため アカウントの 情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

今アカウントを確認できます。

JACCS ログイン(リンク)

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ:カスタマーサービス。

お知らせ:
· パスワードは誰にも教えないでください。
· 個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
· オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。
【配信元】
株式会社ジャックス
Copyright (C) JACCS Co., Ltd. All Rights Reserved.

転記終了



怪しいポイント① ジャックスのカードを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はジャックスカードを持っていません。

持っていないカードやサービスについて、アカウントの制限を設けると言われましてもね・・・。

何のことやら私は身に覚えがありません。

特に困ることもありませんので、ご自由にどうぞ。

そんなスタンスです。

 

怪しいポイント② 連絡先の記載がない

怪しいポイントの2つ目として、メール本文最後の企業署名に注目してみます。

企業署名となっているので、普通は住所や連絡先を記載しますよね。

そうした記述が一切見られず、企業名だけを載せた簡単な署名となっています。

これはなんかちょっと怪しさを感じますよね。

身に覚えのないことなので問い合わせをしようにもその連絡先がない。

普通の企業はこんなことしないと思います。

一方的すぎますからね。

 

怪しいポイント③ リンク先URLが本物と違う

怪しいポイントの3つ目として、メール本文に貼付されているリンクに注目してみました。

このリンク先のURLを確認してみます。

サイトのURLは、世界に二つと同じものがありません。

なのでこれを確認することで、これが本物かどうか見分けることができるんですよね。

確認した見たところ、本物のジャックスとはURLが違いました。

これはもう決定的ですね~。

 

怪しいポイントまとめ

怪しいポイントが今回は3つありました。

まとめます。

1.利用していないカード/サービスについての案内だった

2.企業署名に問い合わせ先や住所の記載がなかった

3.メールに貼付されているリンク先URLが本物と違った

以上3点が怪しいポイントとなりました。

 

リンクはクリックしない!

こうしたメールは、リンク先に誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができます。

こうしたメールを受信しても、慌てずに対応したいものですね。

お気を付けください<m(__)m>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です