American Expressを名乗る「【American Express】会員様向けのお知らせ」にご注意を

AmericanExpressメール 注意喚起

American Expressを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmerican Expressを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「【American Express】会員様向けのお知らせ」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文を見ていきたいと思います。

AmericanExpressメール

転記開始

件名:【American Express】会員様向けのお知らせ

アメリカンエキスプレスカードをご利用のお客様�?BR>
いつも弊社カードをご利用いただき、誠にありがとうございます�?BR>
このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がございますので�?BR>誠に勝手ながら、カードのご利用を一時制限させていただき、ご連絡させていただきました�?BR>
つきましては、下記よりご本人様のカードのご利用状況についてのご確認をお願いいたします�?BR>
カードのご利用確認のお知らせについてはこちら(リンク)
ご確認をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい�?BR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■配信元�?BR>�?05-6920
アメリカン・エキスプレス・ジャパン株式会�?BR>(英語表記:American Express International, Inc.)
東京都港区虎ノ門4-1-1<br>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) American Express Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.

転記終了

 




怪しいポイント① American Expressを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず第一に、私はAmerican Expressを利用していません。

利用していないカード会社からこうしてメールが送られてきているんですよね~。

これはどういうことか。

これだけでも相当怪しいですよね(笑)

利用していないのですから、メールが送られてくるいわれがありません。

用事ないはずですから。

営業メールならわからなくもありませんが、内容を見てみると営業メールではありませんからね。

利用していないということは、利用登録をしたことがないということ。

利用登録をしたことがないということは、メールアドレスの登録もしたことがないのです。

ではなぜ先方はメールアドレスを知っているのか?

そんなことも疑問に思うと共に、怪しく感じるポイントになりますね。

そもそも教えたことがないメールアドレスを知っているということは、本人が承知していない方法でメールアドレスを取得しているということになります。

カード会社がこうした方法でメールアドレスを取得するとは思えません。

まず最初の怪しいポイントは、こうした内容となりました。

 

怪しいポイント② メールアドレスが「amazon」になっている

怪しいポイントの2点目として、メールアドレスに注目してみたいと思います。

今回送ってきた送り主のメールアドレスを見てみると「amazon」という文字が見られます。

amazonと言えば、インターネットショッピングサイトとして知られていますよね。

しかし、なぜAmerican Expressのメールなのにamazonを名乗っているのでしょうか?

これは他社の名前をメールアドレスに使っているということになるんですよね。

ふつうこれはあり得ません。

仕事の中で他社の名前が入ったメールアドレスを使っている人は皆無です。

唯一あり得るとすれば子会社などの場合ですが、AmericanExpressとamazonは全くの別会社。

関係のない会社の名前をメールアドレスにつかったらいけませんね。

怪しいポイントの2点目は、メールアドレスに他社の名前が入っているということになりました。

 

怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

これはインターネットのルールであり、全世界共通です。

そこで、この仕様を利用して、メールに貼付されていたリンク先URLが公式サイトかどうかを確認してみたいと思います。

公式サイトであれば、公式サイトのURLの文字列が入っているでしょうからね。

2つのURLを比較してみたところ、これらが全く違っていることが判明!

これはもう決定的なポイントになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないカード会社からのメールだった

2.メールアドレスに他社の名前が入っていた

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれをとっても怪しさ満点となっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント