三井住友銀行を名乗る「【三井住友銀行】契約締結前交付書面兼説明書に関する重要なお知らせ」にご注意を

注意喚起
Pocket

三井住友銀行を名乗る不審なメールが出回っています

今回は三井住友銀行を名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「【三井住友銀行】契約締結前交付書面兼説明書に関する重要なお知らせ」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧下さい<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文を見ていきたいと思います。

転記開始

件名:【三井住友銀行】契約締結前交付書面兼説明書に関する重要なお知らせ

いつも三井住友銀行をご利用いただきありがとうございます。

このたび、契約締結前交付書面兼説明書の改訂をいたしますので、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

リンク

ご確認をいただけない場合、セキュリティ上の観点からご利用制限をかけさせていただくことを予めご了承下さい。

お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。

―――■SMBCダイレクトで残高確認■―――
ATMに行かなくても残高をご確認いただけます。

リンク

―――――――――――――――――――――

※本メールは、お届けのメールアドレスへお取引の受付をご連絡するものです(本メールの再送依頼は受け付けておりません
)。

【当行から送信したメールであることの確認方法】
「三井住友銀行」名でお送りするメールには、携帯キャリアのメールアドレス宛を除き全て電子署名を付けています。

>リンク

【当行のサイトであることの確認方法】
閲覧しているサイトが当行の正当なサイトかどうかを、電子証明書により確認いただけます。

>リンク

【メールの内容に身に覚えがない場合】
本メールに対するメールでのご返信お問い合わせはお受けしておりません。メールの内容に身に覚えがない場合や、サービス
等についてくわしく知りたい場合は、当行ホームページをご覧いただくか、以下より電話番号を確認の上、お問い合わせくだ
さい。

>リンク

【メールアドレスや配信設定の変更】
SMBCダイレクトにてお手続ください。

>リンク


転記終了



怪しいポイント① 三井住友銀行を利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず第一に、私は三井住友銀行のサービスを利用していません。

利用していない銀行からこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

そもそも利用していないわけですから、メールが送られてくるいわれがありません。

何でメールアドレスを知っているのか?という話になりますしね。

それだけとっても怪しいと感じますし、これもなかなか気持ち悪いことであると思います。

そもそも利用登録をしたことがないので、メールアドレスの登録をしたことがありません。

ということは、本人が承知していない方法でメールアドレスを収集しているということになってしまいます。

信用第一の銀行がそんな方法でメールアドレスを取得するでしょうか?

私はしないと思いますけどね・・・。

まず最初の怪しいポイントは、こうした内容でありました。

 

怪しいポイント② 連絡先が書かれていない本文

怪しいポイントの2点目として、メール本文を見ていきましょう。

メール本文を見てみると、一方的に話をしているメールとなっています。

しかもこんな一文が書かれています。

「本メールに対するメールでのご返信お問い合わせはお受けしておりません。」

いやいや、企業としてそれはあり得ないでしょう(笑)

説明もできないような内容をメールしてきたってことですよ・・・。

最後に署名が書かれていますが、そこには問い合わせ先のメールアドレスもなければ、電話番号も書かれていません。

一方的にホームページで確認しろ!を貫いています。

普通企業署名を記載する場合、連絡先も明記するのが当たり前です。

メールアドレスなり、電話番号なり。

それがないということは、本物ではないという疑惑を持つ一つの要因となってしまいますからね。

怪しいポイントの2点目は、連絡先の記載がないということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

これはインターネットのルールであり、全世界共通です。

そこで、この法則を利用し、このメールに貼付されていたリンク先URLが公式サイトのURLかどうかを確認してみたいと思います。

公式サイトであれば、公式サイトのURLの文字列が入っているでしょうからね。

これら2つのURLを比較して結果、これらが全く違っていることが判明!

これはもう決定的なポイントになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していない銀行からのメールだった

2.メールに連絡先が貼付されていなかった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントになっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました