「契約を遵守してください!」という怪しいメールにご注意を!

注意喚起
Pocket

「契約を遵守してください!」という怪しいメールが出回っています

今回は「契約を遵守してください!」という怪しいメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「契約を遵守してください!」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文を見ていきたいと思います。

転記開始

件名:契約を遵守してください!

どうも、こんにちは。
まずは自己紹介をさせていただきますね。私はプロのプログラマーで、自由時間ではハッキングを専門にしております。
今回残念なことに、貴方は私の次の被害者となり、貴方のオペレーティングシステムとデバイスに私はハッキングいたしました。

数ヶ月間、貴方を観察してきました。
端的に申し上げますと、貴方がお気に入りのアダルトサイトに訪問している間に、貴方のデバイスが私のウイルスに感染したのです。

このような状況に疎い方もいらっしゃいますので、より細かく現状を説明いたします。
トロイの木馬により、貴方のデバイスへのフルアクセスとコントロールを私は獲得しています。
よって、貴方の画面にあるもの全てを閲覧、アクセスすることができ、カメラやマイクのON/OFFや、他の様々なことを貴方が知らない間に行うことが可能です。

その上、貴方のソーシャルネットワークやデバイス内の連絡先全てにもアクセスを行いました。

なぜ今までウイルス対策ソフトが全く悪質なソフトウェアを検出しなかったんだろうとお考えではないかと思います。

実は、私のスパイウェアは特別なドライバを利用しており、頻繁に署名が書き換えられるため、貴方のウイルス対策ソフトでは捕らえられなかったのです。

画面の左側では貴方がご自分を楽しませている様子、そして右側ではその時に視聴されていたポルノ動画を表示するようなビデオクリップを作成いたしました。
マウスを数回クリックするだけで、あなたの連絡先やソーシャルメディアのお友達全員に転送することができます。
この動画を公開アクセスのオンラインプラットフォームにアップロードしたら貴方は驚くかもしれませんね。

朗報は、まだ抑止することができることです。
ただ 19万円 相当のビットコインを私のBTCウォレットに送金いただくだけで止められます(方法がわからない方は、オンライン検索すれば、段階ごとに方法を説明した記事が沢山見つけられるはずです)。

私のビットコインウォレット(BTC Wallet: 38MQTmeJLZCuiuqtAgVXdLvDaHPKFLFdrm

貴方の入金が確認できるとすぐに、卑猥な動画はすぐに削除し今後私から2度と連絡がないことを約束します。
この支払いを完了させるために48時間(きっちり2日間)の猶予がございます。
このメールを開くと既読通知は自動的に私に送られるため、その時点でタイマーは自動的にカウントを開始します。

送金できない場合はメールにてお問い合わせください。

このメールを誰かに転送しようとしていることが分かると、すぐに貴方の卑猥な動画を公開させます。

合理的に考えて、バカな真似はこれ以上しないでください。わかりやすい説明を段階を踏んでお伝えをしたつもりです。今貴方がすべきことは私の指示に従って、この不快な状況を取り除くことです。

ありがとうございます。幸運を祈ります。

転記終了



怪しいポイント① ハッカーを名乗る送り主

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず第一に、メール本文の冒頭を見てみると、メールの送り主は自らハッカーであるということを名乗っています。

戦国時代かよ・・・なんて思ってしまうくらい、いきなり怪しくも自分の自己紹介をしています(笑)

しかもハッカーであると宣言。

ご存じの方も多いと思いますが、ハッカー(ハッキングをする)は犯罪であります。

ということは、冒頭から自分が犯罪者であると宣言しているんですよね。

もうこの時点で怪しさ満点!

そんなことがわかると思います。

まず最初の怪しいポイントは、自らが犯罪者であると名乗っている点です。

 

怪しいポイント② メールの内容が嘘

怪しいポイントの2点目として、メール本文を見てみます。

メール本文では、こんな記述がありました。

「端的に申し上げますと、貴方がお気に入りのアダルトサイトに訪問している間に、貴方のデバイスが私のウイルスに感染したのです。」

アダルトサイトに行ったときにウイルスに感染したと言っていますね。

がしかし、私はこのデバイス(ノートパソコン)でアダルトサイトへアクセスした事実はありません。

言っていることが嘘なんですよね。

誰でも見ているだろうということで送っているのかもしれませんが、残念でした。

閲覧していないサイトを閲覧したといわれても、嘘ばっか・・・という話であります(笑)

こうしたメールの内容が嘘というのが怪しいポイントの2点目です。



怪しいポイント③ ハッキングされた証拠がない

怪しいポイントの3点目として、メールの内容が本当かどうかを確認してみたいと思います。

メールでは「デバイスにハッキングした」とされています。

果たしてこれは本当なのでしょうか?

メール本文を見てみると、ハッキングしたとは書かれていますが、それ以外何の情報もありません。

どこどこにハッキングして○○というデータがあったとか、ファイルを作って△△に保存してあるとか。

ハッキングしているのであれば、そうした証拠を残したり確保したりすることは簡単にできるはずです。

しかしそれを全くしていない。

ハッキングをされた事実が確認できないのです。

私が逆の立場で本当にハッキングしているのであれば、証拠を残しますけどね。

じゃないと相手は納得しないから。

怪しいポイントの3点目は、こうした証拠がない言いがかりということになりました。

 

怪しいポイント④ 存在しないカメラで撮影したというあり得ない内容

怪しいポイントの4点目として、これもまたメール本文に書かれていたことを検証してみます。

メール本文では「よって、貴方の画面にあるもの全てを閲覧、アクセスすることができ、カメラやマイクのON/OFFや、他の様々なことを貴方が知らない間に行うことが可能です。」と書かれていました。

そしてそのカメラで動画を撮影し、それをインターネット上にアップロードすると言っています。

しかしこれはおかしな話。

なぜならばこのデバイスにはカメラもマイクもついていないからです(笑)

物理的についていないもので撮影をおこなうなんてことはいくらハッキングしていても無理ですよね。

存在しないものを作り出すことは不可能。

故にこのメールに書かれていることは嘘ということになります。

怪しいポイントの4点目は、こうしたあり得ない内容ということになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは4つありました。

1.自らを犯罪者と宣言している送り主

2.アダルトサイトにアクセスしていないのにアクセスしたという嘘のメール内容

3.ハッキングしたというがその証拠がない

4.存在しないカメラで撮影したというあり得ない内容

以上4点、どれをとっても怪しいポイントになっていましたね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました