NHKプラスを名乗る「【重要】NHKプラスアップグレードサービスお知らせ」にご注意を

注意喚起
Pocket

NHKプラスを名乗る不審なメールが出回っています

今回はNHKを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「【重要】NHKプラスアップグレードサービスお知らせ」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文を見ていきましょう。

転記開始

件名:【重要】NHKプラスアップグレードサービスお知らせ

メールアドレス様:

NHKのサービスをご利用いただきありがとうございます、
NHKがNHKプラスにアップグレードされました。
NHKアップグレードの内容を以下に説明させていただきます。
パソコンやスマートフォン、タブレットで、総合テレビやEテレの番組を放送と同時に視聴できます。
総合テレビやEテレの番組を放送後から1週間いつでも視聴できます。
見逃し番組をジャンルやテーマ別に並べ、番組を見つけやすくしました。
見逃し番組を、日付やチャンネル、キーワードで探すことができます。
放送受信契約のある方は追加の負担なくお使いいただけます。
アップグレードは無料で、契約を結んでいる人は誰でもアップグレードする必要があります。
今すぐアップグレードして、特別な特典をお楽しみください、6〜12か月利用可能放送受信料免除。
契約しているすべてのゲストはNHKプラスにアップグレードする必要があります。
お客様の状況に応じた手続の流れをご案内します。
以下のリンクをたどって、アカウントを登録またはアクティブ化してください。

————————

NHKのご利用手続きありがとうございます。
以下のURLをクリックし、アップグレード操作を実行します。
————————

アップグレードサービス(リンク)

————————
このURLの有効期限は24時間です。24時間以内にアクセスし、入力まで終えてください。


 

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきましょう。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはNHKに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

そもそも登録していないメールアドレスを何で知っているの?って話でありまして。

本人の承知していない方法でメールアドレスを入手している。

これは非常に気持ち悪いことであり、天下のNHKがこんな方法をするとは思えません。

もししていたら、猛バッシングを受けることでしょうね。

まず最初の怪しいポイントは、こうした内容となりました。

 

怪しいポイント② アップグレードなのに24時間以内にやらなきゃいけない謎

怪しいポイントの2点目として、メール本文に注目してみたいと思います。

メール本文を見てみると、内容はNHKのアップグレードの話を展開しています。

そして最後の方には

「このURLの有効期限は24時間です。24時間以内にアクセスし、入力まで終えてください。」

となっていました。

今回のメールはアップグレードという話でした。

しかし、24時間という時間制限付き。

そもそも時間制限がなぜついているのか?という疑問もありますが、時間制限がつくにしても24時間は短すぎるorz

あまりにも短すぎると思いませんか?

24時間ということは、1日どこかへ出かけていて帰ってきてから見たらもうアウト。

NHKは国が運営しているテレビ局として知られていますが、国がやることとは思えませんね。

怪しいポイントはこうした謎の仕様ということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったところで、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

これはインターネットのルールであり、全世界共通の仕様です。

そこで、この法則を利用して、メールに貼付されていたリンク先URLが公式サイトかどうかを確認してみたいと思います。

公式サイトであれば公式サイトの文字列が入っているはず。

それを確認するために、それぞれのURLを比較してみたいと思います。

比較してみた結果、これらのURLが全く違っていることが判明!

これはもう決定的に怪しいポイントと言えるでしょう。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信した

2.アップグレードができる期間が24時間と短すぎる

3.リンク先URLが公式サイトのURLと全く違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントになっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました