Amazon「アカウント権の証明(名前、その他個人情報)の確認」という偽メールにご注意を!

注意喚起
Pocket

Amazonを騙ったメールが出回っています!

今回、大手ネットショッピングサイトAmazonを騙ったメールを受信しましたので、注意喚起の意味も含め公開したいと思います。

件名は「【重要】Amazonアカウント所有権の証明(名前、その他個人情報)の確認」となっています。

偽物のメールとなっているのでご注意ください。

 

メール本文

それでは、メール本文を見ていきたいと思います。

どんなメールだったか、ご覧ください。

転記開始

件名:【重要】Amazonアカウント所有権の証明(名前、その他個人情報)の確認

Amazonお客様

Amazonチームはあなたのアカウントの状態が異常であることを発見しました。売ディングされたカードが起源がきれていたり、システムのアップグレードによるアドレス情報が間違っていたりして、あなたのアカウント情報を更新できませんでした。

リアルタイムサポートをご利用ください

お客様のAmazonアカウントは24時間365日対応のサポートの対象となっておりますので、Amazonサポートチームにご連絡いただければ、アカウントの所有権の証明をお手伝いします。

お客様のAmazonアカウント

アカウント所有権の証明をご自身で行う場合は、Amazon管理コンソールにログインし、所定の手順でお手続きください。アカウント所有権の証明(リンク)についてのヘルプセンター記事も併せてご参照ください。

状態:

以上は更新待ちです

所有権の証明(リンク)

数日以内カウント所有権をご証明いただかなかった場合、Amazonアカウントは自動的に削除されますのでご注意ください。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Amazonチーム

転記終了

 

偽物と判断する理由① 登録していないメールアドレスに送られてきた

Amazonショッピングを利用されている方も多いと思いますが、今回受信したメールアドレスは、Amazonで登録したものではありませんでした。

故に、何の関係もないメールアドレスで受信したことになります。

これはあり得ませんね。

登録していないところにメールを送ってくるということ自体が本物であればあり得ません。

登録しているメールアドレスには、その間本物のAmazonからのメールも受信しているので、これは無視に価するものといえます。

 

偽物と判断する理由② 日本語がおかしい

この手のメールに多いのですが、本文のメールの日本語がおかしいことが多いです。

一番最初「Amazonお客様」となっています。

「の」が抜けてませんかね?(笑)

本物のAmazonであれば、ここはこうした書き方ではなくID名などを記載してしかるべきです。

それがなくこうしたあやふやな書き方をしている点も怪しいですね。

 

偽物と判断する理由③ リンク先のURLが本物のAmazonと違う

URLは世界に二つと同じものがありません。

そうした背景もあり、URLを確認することで、それが本物か、偽物か判断することができます。

本物のAmazonは、アドレスにamazonが入っているのですが、今回の偽物のリンク先アドレスには「amapzom」となっています。

誤認しやすいようなアドレスにはしているものの、明らかにアドレスが違いますよね。

こうしたところを確認することで、これが偽物であると判断することができます。

 

リンクはクリックしない!

この手のメールは、リンクに誘導し、誘導先で個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリックしないことが最大の自己防衛となります。

リンクは気になってもクリックしない。

これが大事となってきますね。

 



コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました