三菱UFJ銀行を騙ったメールにご注意を!

注意喚起
Pocket

三菱UFJ銀行を騙ったメールが出回っています

今回は不審なメールを受信したので、公開したいと思います。

メールの送り主は三菱UFJ銀行を名乗っています。

しかしこれは嘘。

件名は「【三菱UFJ銀行】重要:必ずお読みください」となっていました。

 

本文の内容

では、メール本文の内容を見ていきましょう。

転記開始

件名:【三菱UFJ銀行】重要:必ずお読みください

三菱UFJニコス銀行カードWEBサービスご登録確認

いつもMUFGカードWEBサービスをご利用いただき、ありがとうございます。

このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。

つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。

お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。

何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。

ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。

■ご利用確認はこちら

リンク(自主規制)

弊社は、インターネット上の不正行為の防止・抑止の観点からサイトとしての信憑性・正当性を高めるため、大変お手数ではございますが、下記URLからログインいただき、

リンク(自主規制)

ご不便とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りたくお願い申しあげます。

--------------------------------------

>■編集・発行:株式会社三菱UFJ銀行

>東京都千代田区丸の内2-7-1

>[登録金融機関]関東財務局長(登金)第5号

>[加入協会]日本証券業協会

>一般財団法人 金融先物取引協会

>一般財団法人 第二種金融商品取引業協会

>■ご登録にお心当たりのない場合や電子署名についてのお問い合わせ

><インターネットバンキングヘルプデスク>

>0120-543-5555(または042-311-7000(通話料有料))

>受付時間/毎日 9:00~21:00

>■配信停止・Eメールアドレス変更はこちらからお手続きください。

>リンク(自主規制)

>■個人情報保護方針について

>三菱UFJ銀行では、お客さまの個人情報を適切に保護するため、その取り扱いにつきましては最新の注意を払っています。

>リンク(自主規制)

>■本メールの送信アドレスは送信専用となっております。返信メールでのお問い合わせは承りかねますので、あらかじめご了承願います。(23671)

>-Copyright(C)MUFG Bank,Ltd.All rights reserved.-

転記終了



そもそも三菱UFJ銀行に口座を持っていませんが・・・

ツッコミどころの最初はこれ。

私自身、三菱UFJ銀行に口座を持っていません。

もちろん、これにはカードを持っていないということも含まれます。

それなのに・・・カードに制限が掛かるって?

どうやって掛けるんでしょうね・・・物理的に存在しないものに・・・。

これがもう偽物であると判断した最初の事象です。

 

日本語がおかしい

この手の迷惑メールに多いのが、日本語のおかしさ。

言い回しがおかしかったり、句読点の使い方がおかしかったり。

また、変換がおかしいってのもポイントですね。

一定していない。

「申し上げます」と書いたり、「申しあげます」と書いたり。

こうしたところも偽物を見破るポイントになります。

 

後半が転送のようになっている不思議

本文の後半を見てみると、各行の先頭に「>」が入っています。

これはメールを転送したり、返信したりするとつくもの。

なんでこんなものがついているんでしょうね?

転送したり、返信したりしたメールなのでしょうか?

どこかのメールをコピペしたんじゃない?という疑惑も湧いてきます。

 

リンクはクリックしないこと

この手の迷惑メールには、リンクが貼られている場合がほとんどです。

そこに誘導するのが送り主の目的。

故に、クリックしないことが最大の自己防衛とも言えます。

変なメールを受信したとき、おかしいと思ったときにはリンクをクリックしないことが大事になってくると思います。

 



コメント

  1. […] 三菱UFJ銀行を騙ったメールにご注意を! […]

  2. […] 三菱UFJ銀行を騙ったメールにご注意を! […]

タイトルとURLをコピーしました