楽天を名乗る「Rakuten お客様現在利用できません。情報を更新してください」にご注意を

注意喚起
Pocket

楽天を名乗る不審なメールが出回っています

今回は楽天を名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「Rakuten お客様現在利用できません。情報を更新してください」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください。

 

メール本文

それでは、メール本文です。

転記開始

Rakutenお客様

残念ながら、あなたのアカウント を更新できませんでした。これは、カードが期限切れになったか。
請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

 

今アカウントを確認できます。

楽天ログイン(リンク)

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(電話番号)までお電話ください。

お知らせ:

  • パスワードは誰にも教えないでください。
  • 個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。

· オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。
Rakuten,Inc.

転記終了



怪しいポイント① 楽天カードを利用していない

ここからは、このメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私は楽天カードを持っていません。

持っていないカードに対して、こうしてメールが送られてくることはおかしいですよね。

そもそもこのメールアドレスをどこで入手したのか?

そこから聞いてみたいところです。

 

怪しいポイント② 日本語がおかしい

続いてはメール本文に目を向けてみます。

まず件名「Rakuten お客様現在利用できません。情報を更新してください」

お客様現在利用できませんと記述されています。

えっと・・・何が利用できないんですか?

また、「お客様」と「現在利用できません」の間に接続詞がないのも日本語としておかしいと思います。

本文二行目にはこんな記述も。

「残念ながら、あなたのアカウント を更新できませんでした。これは、カードが期限切れになったか。

最後の「なったか。」という部分は「。」ではなく「、」でいいはずですね。

日本語の書き方がおかしい、これが2点目となります。



怪しいポイント③ 企業署名が社名しかない

続いて注目するのは、企業署名。

企業署名を見てみると、楽天であるという名前だけの記述となっています。

はて、これは・・・。

普通企業署名って企業名だけではなく住所や電話番号、部署などを記載します。

それが社名しか書いていない・・・。

楽天ほどの大企業であれば、もっとちゃんとした企業署名があってもいいと思いますね。

 

怪しいポイント④ リンク先URLが本物と違う

最後に注目するのは、メール本文内に貼られているリンクです。

このリンク先URLを確認してみることにします。

サイトのURLというのは、世界に二つと同じものがありません。

よって、これを本物と見比べることで、これが本物か偽物かを判断する材料にもなるんですよね。

比べてみたところ、本物の楽天とは全く違うURLであることがわかりました。

これも怪しいポイントであり、決定的な違いとも言えますね。



怪しいポイントまとめ

それでは、怪しいポイントをまとめてみましょう。

今回は4つの怪しいポイントがありました。

1.利用していないカードについてのメールだった

2.日本語の書き方が所々おかしい

3.企業署名が社名しかない

4.リンク先URLが本物の楽天とは違う

どれをとっても、ん?と思うような内容となっていますね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!

こうしたメールの目的は、メールに貼付しているリンク先に誘導し、そこで個人情報などを抜き取ることを目的としています、

なので、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができます。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリックしない!

これを徹底したいものですね。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました