ジャックスを名乗る「【ジャックスインターコムクラブ】カードご利用確認」にご注意を

jaccsメール 注意喚起
Pocket

ジャックスを名乗る不審なメールが出回っています

今回はジャックスを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「【ジャックスインターコムクラブ】カードご利用確認」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:【ジャックスインターコムクラブ】カードご利用確認

JACCSカードをご利用のお客さま
利用いただき、ありがとうございます。
このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。
つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい
▼ご利用確認はこちら
リンク

弊社は、インターネット上の不正行為の防止・抑制の観点からサイトとしての信頼性・正当性を高めるため、
▼JACCSカードからのお知らせ

リンク

===================================
※お手もとにJACCSカードをご用意ください。
※お持ちのカードによっては、サービスを利用できない場合があります。
*ご注意ください*
変更のお手続きがない場合、弊社からの重要なお知らせが届かない場合があります。
◆おしらせメールについて◆
WEBのおしらせメール配信を「希望する」に設定すると、
各種サービスやキャンペーンなど、おトクな情報をお届けいたします。
===================================
▼ジャックスインターコムクラブサービス停止スケジュールのご案内はこちら
リンク
●ご案内している内容について、お持ちのカードによっては一部
利用できない場合があります。
===================================
発行:株式会社ジャックス
※本メールは送信専用です。
===================================



怪しいポイント① ジャックスのサービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はジャックスのサービスを利用していません。

どうやらクレジットカードの類のようですが、カードそのものが存在していないんです。

利用していないサービスやカードからこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

利用していないということは、利用登録をしていないということ。

利用登録をしていないということは、メールアドレスの登録もしていません。

ではなぜ、このメールの送り主はメールアドレスを知っていたんでしょうかね?

そんなことも気持ち悪く、怪しく感じるポイントになりました。

 

怪しいポイント② 存在しないカードの利用を一部制限したという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メール本文では「カードのご利用を一部制限させていただき」と書かれています。

どうやらクレジットカードの利用を一部制限したということのようです。

がしかし、これはおかしなお話でありまして。

そもそもクレジットカードが存在していません。

サービスそのものを利用していませんからね。

その存在しないカードに対して、一部利用制限をすると言う。

これはおかしなお話。

制限云々の前に、その制限するカードがないわけでありますから。

物理的にあり得ない内容、それが怪しいポイントの2点目となりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、メールに貼付されていたリンク先URLと公式サイトのURLを比較してみることにしました。

すると、これが見事に違っていることが判明!

これはもう決定的と言える内容と言えそうです。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスからのメールだった

2.存在しないカードに一部制限を設けるというあり得ない内容だった

3.リンク先URLと公式サイトのURLが違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントと言えます。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました