Mercariを名乗る「【Mercari.com】アカウントの問題の解決にご協力ください」にご注意を

注意喚起
Pocket

Mercariを名乗る不審なメールが出回っています

今回はMercariを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「【Mercari.com】アカウントの問題の解決にご協力ください」となってました。

どんなメールだったのか、ご覧ください。

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:【Mercari.com】アカウントの問題の解決にご協力ください

こんにちは

メールアドレス

セキュリティ上のリスクによりアカウントが凍結されました。ご不便をおかけして申し訳ありません。 個人情報(一般パスワードなど)が漏洩していないか確認してください。 アカウントの使用を再開した後、強力なパスワードを変更することをお勧めします。

できるだけ早くアカウントを復元するために下のリンクをクリックしてください,または、このリンクをブラウザにコピーしてください,公式サイトに入り、画面の指示に従ってください。

Mercariサインイン(リンク)

© Mercari, Inc.

転記終了



怪しいポイント① メルカリのサービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はメルカリのサービスを一切利用していません。

利用していないサービスについて、こうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

サービスを利用していないということは、利用登録をしたことがないということです。

利用登録をしていないということは、メールアドレスの登録もしたことがないということ。

ではこのメールアドレスをどこで入手したんでしょうかね?

そんなことに疑問を持つと同時に、怪しいと思うポイントの一つにもなりました。

 

怪しいポイント② アカウントがないのに凍結したという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に注目してみたいと思います。

メール本文では「アカウントを凍結した」ということが書かれていました。

しかし私はサービスを利用していないので、アカウントがありません。

作っていないので、アカウントが存在しないんですよね。

それなのにアカウントを凍結したという・・・。

ないアカウントを凍結することなので着るのでしょうか。

またできたとしてそれに何の意味があるのでしょうか。

物理的にあり得ない内容、それが怪しいポイントの2点目となりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違った

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、メールに貼付されていたリンク先URLと、公式サイトのURLを比較してみることにしました。

すると、これが見事に違っていることが判明。

これはもう決定的に怪しいと言えるポイントになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスのメールだった

2.物理的にあり得ない内容のメールだった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

どれをとっても怪しい内容ということができるでしょう。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました