三井住友カードを名乗る「【三井住友銀行】ご登録お客様情報の定期的な確認のお願いにつきまして」にご注意を

注意喚起
Pocket

三井住友カードを名乗る不審なメールが出回っています

今回は三井住友カードを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「【三井住友銀行】ご登録お客様情報の定期的な確認のお願いにつきまして」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文を見ていきたいと思います。

転記開始

件名:【三井住友銀行】ご登録お客様情報の定期的な確認のお願いにつきまして

三井住友銀行SMBCダイレクトご利用のお客様
セキュリティステムを更新のお知らせと登録情報確認のお願につきまして
詳細: リンク
ご確認をいただけないい場合、ご利用の口座に制限がかされる恐れがございますので、予めご了承下さい。
お客様にはご迷惑ご心配をお掛し、誠に申し訳ございません。
——————————————————————————-
【メールの内容に身に覚えがない場合】
本メールに対するメールでのご返信·お問い合わせはお受けしておりません。メールの内容に身に覚えがない場合や、サービス等についてくわしく知りたい場合は、当行ホームページをご覧いただくか、以下より電話番号を確認の上、お問い合わせください。
> リンク

【メールアドレスや配信設定の変更】
SMBCダイレクトにてお手続ください。
>リンク
——————————————————————————-
発行:株式会社 三井住友銀行
東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
加入協会 日本証券業協会
一般社団法入金融先物取引業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会

転記終了



怪しいポイント① 三井住友カードを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず第一に、私は三井住友カードを利用していません。

利用していないサービスからこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

利用していないということは利用登録をしていないということ。

利用登録をしていないということは、メールアドレスの登録もしていません。

ではなぜ先方はメールアドレスを知っているのでしょうか?

中々気持ち悪い話ですね。

そもそも教えたことがないということで、本人が承知していない方法でメールアドレスを入手しているということになります。

カード会社がこんな方法でメールアドレスを入手しているでしょうかね?

甚だ疑問です。

まず最初の怪しいポイントはこうした内容となりました。

 

怪しいポイント② 口座に制限がかかるという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文を見てみたいと思います。

メール本文ではこんな記述がありました。

「ご確認をいただけないい場合、ご利用の口座に制限がかされる恐れがございますので、予めご了承下さい。」

利用している口座に制限がかかるそうです(笑)

上でも書きましたが、私は三井住友カードを利用していません。

そして三井住友銀行も利用していません。

ということは、口座はないということです。

それを踏まえ、もう一度確認してみると「存在しない口座に制限を掛ける」ということになります。

すごいですね、今の時代口座が存在しないのに制限を掛けられるらしいですよ(笑)

まあそんなことはなく、これはあり得ない内容ですね。

怪しいポイントの2点目は、こうした物理的にあり得ない内容ということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったところで、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

これはインターネットの常識とも言えます。

そこで、この法則を利用し、メールに貼付されていたリンク先URLが本物かどうかを見てみようという話。

2つのURLを比較してみて、どうなるか?ということですが、これが見事に違っておりました。

これはもう決定的に怪しいと言えるポイントになりましたね。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスからのメールだった

2.存在しない口座に制限を掛けるというあり得ない内容だった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントとなっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました