ETC利用照会サービスを名乗る「ETC無効お知らせ」にご注意を!

注意喚起
Pocket

ETC利用照会サービスを名乗る不審なメールが出回っています

今回はETC利用照会サービスを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「ETC無効お知らせ」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

件名:ETC無効お知らせ

平素よりETC利用照会サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ETCサービスは無効になりました。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

引き続きサービスをご利用いただきたい場合は、下記リンクより詳細をご確認ください。

 

    個人情報の確認(リンク)

 

[利用を停止するサービス]

インターネット(リンク)でご提供しているすべてのサービス(ETC利用証明書発行、ETC利用証明書明細確認)

 

※サービス再開後、数時間は、ETC利用証明書の発行に通常より時間を要することがあります。

※次のサービスについても、上記期間中にインターネットでご提供しているすべてのサービスのご利用を停止させていただきます。

・ETCマイレージサービス(リンク) 詳しくはこちら(リンク)

転記終了



怪しいポイント① ETC利用照会サービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はETC利用照会サービスを利用していません。

利用していないサービスについて、こうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

サービスを利用していないということは、利用登録をしていないということです。

利用登録をしていないということは、メールアドレスの登録をしていないということ。

ではどこで今回受信したメールアドレスを知ったんでしょうかね?

そんなことを気持ち悪く感じるとともに、怪しいポイントとなりました。

 

怪しいポイント② 利用停止されるという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メール本文では「サービスの利用を停止する」とされています。

何か問題があったのでしょうかね。

そうしたことは明記されておらず、ただ利用を停止すると書かれています。

ただ、私はサービスを利用していません。

利用開始もしていないサービスについて、利用停止をする。

そんなことがあり得るのでしょうか?

物理的にあり得ませんね、これが怪しいポイントの2点目となりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、メールに貼付されていたリンク先URLと公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが見事に違っていることが判明!

これはもう決定的に怪しいポイントということができるでしょう。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスのメールだった

2.物理的にあり得ない内容のメールだった

3.リンク先URLと公式サイトのURLが違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントと言える内容となっていました。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました